判型面積順「ブランケット判」「ベルリナー判」「タブロイド判」

513CFzxWhD
次の新聞紙の判型を
面積が大きい順に選びなさい
ブランケット判
ベルリナー判
タブロイド判

紙の寸法(かみのすんぽう)では紙の工業規格について記述する。サイズの系統にはA列、B列、四六判、菊判、ハトロン判、AB判などがある。なお封筒の寸法については封筒、本の寸法については判型の項を参照。
(以下、断りが無い限り、寸法の単位はmm、表記は短辺×長辺とする)
>日本ローカルの判型
ブランケット判 – 406×545
タブロイド判 – 273×406
菊判 – 469×636(菊半裁)、318×469(菊四裁)
オフセット枚葉機による印刷を行っている中・小規模地域紙においては、ブランケット判代用としてJIS B3判(364×515)を、タブロイド判代用としてJIS B4判(257×364)を用いる例が多い。
引用元:紙の寸法 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%99%E3%81%AE%E5%AF%B8%E6%B3%95#.E6.96.B0.E8.81.9E

ブランケット判(ブランケットばん)とは、日本の新聞判型の一つで、大きさは406×545mm。日本の輪転印刷機を用いる新聞において標準的なサイズであり、日本での「タブロイド判」の2倍の大きさである[1]。
引用元:ブランケット判 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E5%88%A4

タブロイド(Tabloid)とは、新聞判型のひとつである。元々このサイズを採用していた新聞がセンセーショナルな事件報道やゴシップ報道などに力を入れる大衆紙であったことから、転じて大衆紙の報道スタイルを指す語としても用いられる。
引用元:タブロイド – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%89

ベルリナー判(ベルリナーばん、Berliner format)は国際的な新聞判型の一つで、大きさはおおむね315mm×470mm(12.4インチ×18.5インチ)前後を標準とするが、地域や新聞社によって寸法は異なる。国際的新聞判型におけるタブロイド判(285×400mm)よりやや大きく、国際的新聞判型のブロードシート判や、日本のローカル判型のブランケット判より一回り小さい。
引用元:ベルリナー判 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%AA%E3%83%8A%E3%83%BC%E5%88%A4