マン・レイ「エマニエル・ロドニツキー」 ブラッサイ「ジュラ・ハラース」 ロバート・キャパ「アンドレ・フリードマン」

187znIKhmv
次の写真家と、その本名の
正しい組み合わせを選びなさい
マン・レイ───エマニエル・ロドニツキー
ブラッサイ───ジュラ・ハラース
ロバート・キャパ───アンドレ・フリードマン

CIMG1957BytafIcHXriB
パリを拠点に作品を発表した
ハンガリーの写真家
ブラッサイ(答)
Brassai

20120206061043052JFdLwJEQIFYK
1937年、アメリカのシカゴに
ニュー・バウハウスを設立した
ハンガリー生まれの写真家は
ラスロ・◯◯◯◯◯◯?
モ=ギナリホ
モホリ=ナギ(答)

CIMG4456
次の文字列を組み合わせて
戦前・戦後に活躍した
写真家の名前にしなさい
アンリ───カルティエ=ブレッソン
コンスエロ───カナガ
デビッド───シーモア
エドワード───スタイケン

CIMG4454CpemalgzfASk
作品『安全への逃避』で
ピュリッツァー賞を受賞した
日本の写真家は沢田教一である
◯(答)


マグナム・フォトスを結成
スナップショットの先駆者
フランスの写真家
『決定的瞬間』
アンリ・カルティエ=ブレッソン(答)

連想
マグナム・フォトスを結成
ハンガリーの報道カメラマン
本名「アンドレ・フリードマン」
『ちょっとピンぼけ』
ロバート・キャパ(答)

マン・レイ(Man Ray, 本名:エマニュエル・ラドニツキー Emmanuel Rudnitsky, Эммануэль Рудзицкий, 1890年8月27日 – 1976年11月18日)は、アメリカ合衆国の画家、彫刻家、写真家。ダダイストまたはシュルレアリストとして、多数のオブジェを制作したことでも知られる。レイヨグラフ、ソラリゼーションなど、さまざまな技法を駆使し、一方でストレートなポートレート(特に同時代の芸術家のポートレート)も得意とし、ファッション写真と呼べるような作品もあったりと、多種多様な写真作品群を残している。
引用元:マン・レイ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%82%A4

ブラッシャイ(Brassai, 1899年9月9日 – 1984年7月8日エズ)は、ハンガリー出身でパリで活躍した写真家。
ヘンリー・ミラー、ジャック・プレヴェールらと「夜のパリ」を歩き回り、特に娼婦や恋人たちの作品を多く残した。パブロ・ピカソ、アルベルト・ジャコメッティ、アンリ・マティスら同時代の芸術家たちとも親交があった。
ブラッシャイ以外にもモホリ=ナジ・ラースローやケルテース・アンドル、ロバート・キャパなど、ハンガリー出身の写真家は多い。
引用元:ブラッシャイ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%82%A4

ロバート・キャパ(Robert Capa [ˈɹɔbətˈkæpə | ˈɹɑ(ː)bɚtˈkæpə], 1913年10月22日 – 1954年5月25日)は、ハンガリー生まれの写真家。
本名はフリードマン・エンドレ・エルネー(Friedmann Endre Ernő [ˈfriːdmɒn ˈɛndrɛ ˈɛrnøː])。フランス語読みのアンドレ・フリードマン(André Friedmann [ɑ̃dʁe.fʁidman])の名で呼ばれることも多い。同じく写真家で、1974年にICP(国際写真センター)を創設したコーネル・キャパは弟。
スペイン内戦、日中戦争、第二次世界大戦のヨーロッパ戦線、第一次中東戦争、および第一次インドシナ戦争の5つの戦争を取材した20世紀を代表する戦場カメラマン、報道写真家として有名である。「ロバート・キャパ」と銘打たれた初期の作品群は、実際には、親しくしていたゲルダ・タローとの共同作業によるものである[1]。スペイン内戦で親交を持ったヘミングウェイ、アルジェで知り合ったスタインベック、ピカソら多方面の作家・芸術家たちとの幅広い交際も有名である。
引用元:ロバート・キャパ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%91

 沢田教一(さわだ きょういち)は1961年、UPI通信東京支社に入社しました。ベトナム戦争が激化すると現地での取材を強く希望しましたが受け入れられず、休暇をとって自費で取材に向かいました。この写真が好評を得たため、はれてUPIの特派員としてベトナムで取材することになったのです。

 沢田はベトナムで、命知らずのカメラマンとして有名になりました。前進するアメリカ軍部隊を撮ろうとして地雷原に踏み込んだこともあります。あるとき、攻撃下にある川の土手に登り、2人の母親が対岸から子供たちを連れて水のなかを歩いて渡ってくる姿を撮影しました。家族は村から逃げてきたのです。女性たちは爆撃の意味を理解していました。村は南ベトナム解放民族戦線が基地にしていたために米軍の爆撃を受けている。つまり、爆撃の手が緩むことはない、と。

「安全への逃避」との題で新聞に掲載されたこの写真で、沢田教一の名は一躍知れ渡りました。そして、1966年のピュリツァー賞を勝ち取ったのです。また、他の多くの賞も受賞しました。
引用元:第2回 ピュリツァー賞と日本人 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/20120118/296593/?P=2

モホリ=ナジ・ラースロー(Moholy-Nagy László 、[ˈmoholi ˌnɒɟ ˈlaːsloː] 、1895年[1]7月20日 – 1946年[1]11月24日)はユダヤ系ハンガリー人の写真家、画家、タイポグラファー、美術教育家。「モホイ」という表記も見かけるが、これは綴りに対する誤解に基づくもので正しくは「モホリ」である(#表記について参照)。本名はヴェイス・ラースロー(Weisz László )。国を越えて美術の世界で活躍して、影響を与えた。
引用元:モホリ=ナジ・ラースロー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%9B%E3%83%AA%EF%BC%9D%E3%83%8A%E3%82%B8%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%AD%E3%83%BC

アンリ・カルティエ=ブレッソン(Henri Cartier-Bresson、1908年8月22日 – 2004年8月3日)は、フランスの写真家。
20世紀を代表する写真家であると多くの写真家・芸術家から評されている。彼は小型レンジファインダーカメラを駆使し、主にスナップ写真を撮った。芸術家や友人たちを撮ったポートレイトもある。
彼はライカに50mmの標準レンズ、時には望遠レンズを装着して使用した。1947年にはロバート・キャパ、デヴィッド・シーモア、ジョージ・ロジャーと共に国際写真家集団「マグナム・フォト」を結成した。
引用元:アンリ・カルティエ=ブレッソン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A8%EF%BC%9D%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%BD%E3%83%B3

Consuelo Delesseps Kanaga (1894–1978) was an American photographer and writer who became well known for her photographs of African-Americans.
引用元:Consuelo Kanaga – Wikipedia, the free encyclopedia https://en.wikipedia.org/wiki/Consuelo_Kanaga

エドワード・スタイケン(Edward Steichen, 1879年3月27日 – 1973年3月25日)は、アメリカ合衆国の写真家。また画家でもあり、美術館・ギャラリーのキュレイターでもあった。
1902年には、アルフレッド・スティーグリッツらとともに、フォト・セセッションを結成し、ピクトリアリスム作品で名を成す。
引用元:エドワード・スタイケン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%89%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%82%B1%E3%83%B3