芥川賞受賞順『裸の王様』開高健 『佐川くんからの手紙』唐十郎 『豚の報い』又吉栄喜

050fikqCcS
次の小説を
芥川賞を受賞したのが
早い順に選びなさい
『裸の王様』 開高健1958
『佐川君からの手紙』 唐十郎1983
『豚の報い』 又吉栄喜1996

『裸の王様』は1958年に開高健が発表した短編小説である。第38回下半期芥川賞受賞作。急速に組織化されつつあった戦後社会における個人の重みを問われている。満たされない家庭生活と学校生活で萎縮してしまった少年太郎の気持ちを解き放つべく、<僕>は努力する。
引用元:裸の王様 (小説) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A3%B8%E3%81%AE%E7%8E%8B%E6%A7%98_(%E5%B0%8F%E8%AA%AC)

【開高健 生誕80年】甦れ、反抗期。偽善と虚無に満ちた社会を哄笑する、凄まじいパワーに溢れた名作4篇。

とつじょ大繁殖して野に街にあふれでたネズミの大群がまき起す大恐慌を描く「パニック」。打算と偽善と虚栄に満ちた社会でほとんど圧殺されかかっている幼い生命の救出を描く芥川賞受賞作「裸の王様」。ほかに「巨人と玩具」「流亡記」。工業社会において人間の自律性をすべて咬み砕きつつ進む巨大なメカニズムが内蔵する物理的エネルギーのものすごさを、恐れと驚嘆と感動とで語る。
引用元:開高健『パニック・裸の王様』|新潮社 http://www.shinchosha.co.jp/book/112801/

開高 健(かいこう たけし、かいこう けん[1]、1930年12月30日 – 1989年12月9日)は、日本の小説家。
>開高健という名前について「一切名詞が入っていない珍しい名前で気に入っている」と週刊プレイボーイの人気連載「風に訊け」で綴っている。また、同連載で開高健を「かいた、かけん=書いた?書けん!」と変読みした読者からの投稿を非常に気に入り、度々サインの際に引用していた。開高自身が「かいこうけん」を名乗っていたことから、かいこうけんも正しい。
1989年、食道癌の手術後、『珠玉』を脱稿するも再入院、食道腫瘍に肺炎を併発し死去。58歳没。墓所は鎌倉・円覚寺塔中、松嶺院にある。死後、開高の業績を記念して、1992年から2001年までTBSブリタニカ(現阪急コミュニケーションズ)が開高健賞を、2003年から集英社がノンフィクションを対象に開高健ノンフィクション賞を創設した。また、後半生の16年間を過ごした神奈川県茅ヶ崎市に開高健記念館が開設されている。
引用元:開高健 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%8B%E9%AB%98%E5%81%A5

唐 十郎(から じゅうろう、本名:大靏 義英(おおつる よしひで)、1940年2月11日 – )は、劇作家・作家・演出家・俳優。
父は理研映画で監督・プロデューサーを務めた大鶴日出栄。前妻は女優の李麗仙(1967年結婚、1988年離婚)、長男は俳優・小説家・映画監督の大鶴義丹。1989年の再婚後にもうけた長女は女優の大鶴美仁音(みにょん)、次男は大鶴佐助。
作家としても活躍、『佐川君からの手紙』で芥川賞を受賞。俳優として自作以外の映画やテレビドラマに出演することもある。他の演出家への戯曲提供も多い。2012年4月より明治大学大学客員教授に就任。
>また、中央公論社『海』の編集者だった村松友視の薦めで、小説を書くようになり、1983年、「佐川君からの手紙」で芥川賞を受賞する。
引用元:唐十郎 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%94%90%E5%8D%81%E9%83%8E

ある日、パリのサンテ刑務所から一通の手紙が舞い込んだ。面会を求めて渡ったパリで、奇怪な出来事に翻弄されつつ、劇的想像力が“パリ人肉事件”の謎の実相に迫る。芥川賞受賞作。
引用元:佐川君からの手紙 :唐 十郎|河出書房新社 http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309401645/

又吉 栄喜(またよし えいき、1947年7月15日 – )は日本の小説家。
沖縄県浦添村(現・浦添市)出身。琉球大学法文学部史学科卒。浦添市立図書館在職中の1980年、すばる文学賞を受賞、1996年に『豚の報い』で第114回芥川賞を受賞。
引用元:又吉栄喜 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%88%E5%90%89%E6%A0%84%E5%96%9C

突如スナックに闖入してきた豚の厄を払うため正吉と三人の女は島に向かった。芥川賞受賞の表題作と「背中の夾竹桃」を収録する
引用元:文春文庫『豚の報い』又吉栄喜 | 文庫 – 文藝春秋BOOKS http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784167618018