「三留理男」みとめただお『国境を越えた子どもたち』で土門拳賞受賞 「荒木経惟」あらきのぶよし 「銀色夏生」ぎんいろなつを 「魚返一真」おがえりかずま

117VCxGRid
『国境を越えた子どもたち』
などの作品で、「写真界の
直木賞」と呼ばれる土門拳賞の
第1回受賞者になった写真家は?
長町理夫
野倉和男
三村洋嘉
三留理男(答)
みとめただお

390YBRiyDlmKd
「アラーキー」の通称で
知られる日本の写真家です
荒木経惟
あらきのぶよし
引用元:荒木経惟 あらきのぶよし 写真家「アラーキー」 | わかればいいのに I wish I knew http://seethefun.net/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AB/1061/

066JkeggmO
幕末・明治期の技術者
狩野派の画家
ヒュースケンに写真技術を学ぶ
日本初の営業写真館を開業
上野彦馬
岸田吟香
田中久重
下岡蓮杖(答)
引用元:「下岡蓮杖」職業写真家の草分け 当初狩野派の画家 写真館全楽堂 「上野彦馬」日本初の戦場カメラマン 「本木昌造「通詞として活躍した日本活版印刷の創始者」「長崎の鉄橋(くろがねばし)」 | わかればいいのに I wish I knew http://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/3040/

CIMG7842vbiohjSnsfET
写真詩集やイラスト詩集で
有名な女性詩人です
銀色夏生
ぎんいろなつを(答)
「を」にご注意下さい。

CIMG7983mbXCQxMOvDND
『妄想カメラ」『妄想サロン』
などの写真集で知られる写真家
魚返一真
おがえりかずま(答)

三留理男(みとめ ただお、1938年 – )は日本の報道写真家。国連から恒久IDカードを発行された世界でも数少ないジャーナリストの一人。
>1981年に『アコロ「食うものをくれ!!」』(集英社)を出版。ケニアの西北部、トルカナ地方で飢餓に苦しむ人々の姿をルポルタージュした写真は人々に大きな衝撃を与えた。同年、毎日新聞で発表した「ケニア飢餓前線」は東アフリカ救済キャンペーンの契機となった。
『国境を越えた子供たち』(集英社)をはじめとする一連の作品で、世界の様々な国境線上の状況を、強い問題意識と共感を持って取材した作品は反響を呼んだ。この功績が認められ、1982年に第一回土門拳賞を受賞した。
引用元:三留理男 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E7%95%99%E7%90%86%E7%94%B7

三留理男 みとめ-ただお

1938- 昭和後期-平成時代の写真家。
昭和13年12月1日朝鮮沙里院生まれ。昭和36年写真集「小児マヒの記録」と初個展「どんづまり―筑豊の女たち」で注目され,日大を中退して報道写真家となる。アジア,アフリカを中心に70ヵ国以上を取材し,「写真報告」として新聞,雑誌などで発表をつづける。57年第1回土門拳賞。写真集に「三里塚」「Ethiopia飢餓」「辺境の民」「華僑」など。
引用元:三留理男(みとめ ただお)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E4%B8%89%E7%95%99%E7%90%86%E7%94%B7-1112813

理 [意味]
宝石の模様のすじめ。 ことわり。物事のすじみち。 ことわり。すじめをたてる考え。理屈。 きめ。動植物の表面にあるきちんと整ったすじめ。木のもくめなど。 きちんとすじみちをたてる。すじを通して整える。訴訟をきいて、すじみちをただし、よしあしを整理する。 とりあげて処理する。 すじがたって整っているさま。 宋学ソウガクで、材質や現象を気というのに対して、その根底にあるすじめのたった本性のこと。 自然の法則を求める科学。
>他の読み
あや おさ おさむ さだむ すけ たか ただ ただし ただす とし のり まさ まろ みち よし
引用元:理(リ,ことわり,あや,おさ,おさむ,さだむ,すけ,たか,ただ,ただし,ただす,とし,のり,まさ,まろ,みち,よし)の意味や読み,理を含む男の子/女の子の名前 (1646件) | みんなの名前辞典 – ここの姓名判断/名前占いはよく当たる! 素敵な名前を探そう https://mnamae.jp/c/7406.html

銀色 夏生(ぎんいろ なつを、1960年 – )は、日本の女性詩人、随筆家、写真家。宮崎県出身。
1960年、宮崎県えびの市に生まれる[1]。えびの市の真幸小学校、真幸中学校、小林市の小林高校を卒業[1]。埼玉大学教養学部を卒業[1]。 1982年より作詞を始め、のちに本の制作に専念する。著書で使用している写真・イラストも自ら手がけている。
引用元:銀色夏生 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8A%80%E8%89%B2%E5%A4%8F%E7%94%9F

魚返一真
(おがえりかずま)
プロフィール

魚返一真(本名も同じ、1955年12月23日-)は、大分県玖珠郡玖珠町生まれの写真家。中央大学・理工学部中退。素人女性をモデルに撮影した独特の写真に文章を添えるのが作品の特徴で文章を主体とした『小説写真』も発表している。魚返善雄(言語学者、1910年1月8日-1966年3月27日)は叔父。
>□プロカメラマンへ
・1991年8月。突然プロカメラマンになった。(注2)思い付いたその日に名刺を作り営業を開始。雑誌に電話して、とにかく会ってくれの一点張り営業をする。結果、多くの編集長と会いいきなり仕事をもらう。最初は旅行雑誌の取材や男性誌の情報ページの撮影が主だったが、すぐに著名人の撮影を担当するようになり、渋谷での女子大生などの街頭キャッチ撮影で編集者に手腕を認められたのをきっかけに女性を撮り始め、半年後には女性誌のファッションページなどの撮影を担当した。撮影した著名人多数。(注3)1993年10月のスタートしたフジテレビの『料理の鉄人』の写真を担当。同番組が大ヒット。
引用元:ヒストリー http://www.bekkoame.ne.jp/~k-ogaeri/history.html