角帯の結び方「一文字」「片ばさみ」「貝の口」 着物「文庫結び」「ふくら雀結び」「お太鼓結び」 カーライル『衣装哲学』『シラー伝』

058oYiYpyT
CIMG8865rZBVtgHviBeB
次の角帯の結び方と
その名称の
正しい組み合わせを選びなさい
(画像選択肢)
A茶色の帯の画像───一文字
B緑の帯の画像───片ばさみ
CM紫の帯の画像───貝の口


次の着物の帯の結び方と名称の正しい組み合わせを選びなさい
(画像選択肢)
(黄色の帯の画像)───文庫結び
(水色の帯の画像)───ふくら雀結び
(緑色の帯の画像)───お太鼓結び
引用元:ライ線にわかbotさんはTwitterを使っています: “次の着物の帯の結び方と名称の正しい組み合わせを選びなさい A―文庫結び B―お太鼓結び C―ふくら雀結び http://t.co/3Z3G2Wy5″ https://twitter.com/raisen_bot_qma/status/302962744720760833

CIMG2668GINuESJNEJZu
次の民族衣装と
主に着用されている国の
正しい組み合わせを選びなさい
ガラビア───エジプト
スクマーン───ブルガリア
ゴ───ブータン
カフタン───トルコ
パーシン───タイ
デール───モンゴル
サロン───インドネシア
ハイク───アルジェリア
サラファン───ロシア

FJZPbVy
イギリスの歴史家
『シラー伝』
『衣装哲学』
『フランス革命史』
ジュール・ミシュレ
ポール・ケネディ
トーマス・カーライル(答)
フランソワ・ギゾー

角帯の結び方には様々な種類があり、また人によって着付けの好みもまた違うので、一概にこれ、と言うことが出来ません。ということで、ここでは以下の6種類をご紹介します。
NWgOuFC
引用元:帯の結び方 http://homepage2.nifty.com/910/yumi2/d03_02.html

民族衣装一覧(みんぞくいしょういちらん)では、世界の民族衣装の一覧を記述する。
引用元:民族衣装一覧 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%91%E6%97%8F%E8%A1%A3%E8%A3%85%E4%B8%80%E8%A6%A7

ガラビア (アラビア語エジプト方言: الجلابية)は、エジプトの民族衣装である。
エジプトでは男女ともに着用する民族衣装である。
木綿、麻、モスリンなどで作る緩やかなワンピースで、色彩は白 – 茶、黒 – 青の地味な色彩で無地かイギリスで「エジプトの縞」と呼ばれた太目の縞模様が多い。
アラブ民族のタウブと呼ばれるゆったりしたワンピースが原型であるとされる。
引用元:ガラビア – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%A9%E3%83%93%E3%82%A2

スクマーン(ブルガリア語:Сукман / Sukman、Soukmanの綴りも)はブルガリアの女性が身につけるワンピース型をした民族衣装。 トゥニカ(古代ギリシアで誕生した袖なしの下着)の派生でその起源は新しくとも中世に遡るというヨーロッパでも有数の由緒正しい民族衣装である。
脇もしくは腰に入った切り替えが特徴の襟ぐりが狭くて深いワンピースで、袖のないタイプが殆どだがまれに半袖やスリットの入った長袖もある。
素材はウールで、色は黒が多いが裾に色とりどりの小布をアップリケする地方もある。
引用元:スクマーン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%B3

ゴ (Gho) はブータンの男性の民族衣装。
隣国チベットの影響を受けた、前に打ち合わせる筒袖の服でその形状は和服に似る。 ブータン女性の民族衣装であるキラは同じく隣国インドのサリーと同様の、一枚布とぴったりしたシャツの組み合わせである。
ブータン王国では、民族衣装の着用が法律で義務付けられている。
引用元:ゴ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4

衣装哲学
いしょうてつがく
Sartor Resartus

イギリスの歴史家,評論家 T.カーライルの自伝的著作。原題名は「仕立て直された仕立屋」の意。 1833~34年『フレーザー』誌に発表,36年ボストン版,38年イギリス版。ドイツの大学教授トイフェルスドレック (悪魔の糞) の伝記という形をかりて,カーライルがみずからの思想の発展を述べたもので,ドイツの超越的観念論の影響のもとに,感傷的ロマン主義と功利的産業主義を否定し,この世の人間的制度や道徳は,すべて存在の本質がそのときどきに身に着ける衣装で,一時的なものにすぎないという哲学を力説した。
引用元:衣装哲学(いしょうてつがく)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E8%A1%A3%E8%A3%85%E5%93%B2%E5%AD%A6-30704