「オースン・スコット・カード」 代表作『エンダーのゲーム』のSF作家

313InnGVRd
次の文字を順に選んで
『エンダーのゲーム』などの
作品で知られるアメリカの
SF作家の名前にしなさい
オースン
スコット
カード
「オースン・スコット・カード」

0000000019452HPXveeb
地球は恐るべきバガーの二度にわたる侵攻をかろうじて撃退した。容赦なく人々を殺戮し、地球人の呼びかけにまったく答えようとしない昆虫型異星人バガー。その第三次攻撃に備え、優秀な艦隊指揮官を育成すべく、バトル・スクールは設立された。そこで、コンピュータ・ゲームから無重力訓練エリアでの模擬戦闘まで、あらゆる訓練で最高の成績をおさめた天才少年エンダーの成長を描いた、ヒューゴー賞/ネビュラ賞受賞作!
引用元:エンダーのゲーム〔新訳版〕 上 | 種類,ハヤカワ文庫SF | ハヤカワ・オンライン http://www.hayakawa-online.co.jp/product/books/11927.html

オースン・スコット・カード[1](Orson Scott Card,1951年8月24日 – [2])は、アメリカのSF作家、評論家。『エンダーのゲーム』(1985年)と『死者の代弁者』(1986年)でヒューゴー賞[3][4]とネビュラ賞[5][3]を受賞した。
熱心なモルモン教徒でもあり、National Organization for Marriage(同性婚を法的に認めさせることに反対している団体)の役員も務めている。
>『エンダーのゲーム』と『死者の代弁者』は連続でヒューゴー賞とネビュラ賞を受賞した。両賞を連続受賞した作家は今のところカードしかいない。このシリーズはカードの代表作としてその後も続いている。2008年、カードは『エンダーのゲーム』の映画化が進行中だが監督が決まっていないことを明らかにした。一時ウォルフガング・ペーターゼンが監督することになっていたが、実現しなかった。その後ギャヴィン・フッドの脚本・監督で制作される事になり、2013年に公開された(エンダーのゲーム (映画))。
引用元:オースン・スコット・カード – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89