「リープル」ひまわり乳業の乳酸菌飲料 発売開始40年以上の高知県民のソウルフード

107mMJbuDT
高知県では知名度の高い
黄色いパックが特徴の
ひまわり乳業の乳酸菌飲料は?
ビクッート
ミルヤプリ
リープル(答)

ZQmdGKd
リープル
ひまわりおなじみの超ロングセラー乳酸菌飲料。酸味と甘みのバランスの取れたさわやかな飲み口はいまや、高知県民のソウルフードと言っても過言ではない?
引用元:ひまわり乳業株式会社 | 製品紹介 http://www.himawarimilk.co.jp/products/lactic-acid-bacterium/lactic-acid-bacterium04.php

ひまわり乳業株式会社( – にゅうぎょう、英語表記:Himawari CO.,LTD.)は高知県南国市物部にある乳製品・青汁のメーカーである。
主に高知県下に販売網を有する企業であるが、高知県以外の四国3県や中国地方にも販売店を有する。また宅配サービスを行っており、牛乳や乳製品は四国地方のみだが、青汁は中国地方や近畿地方の一部でも宅配サービスを行っている。現在は、オンラインショップで日本全国から製品の購入が可能になった。
>リープル[編集]
40年以上前から発売されている、黄色いパッケージの乳酸菌飲料。さわやかな甘さで高知県を中心に多くのファンを持ち、ひまわり乳業の掲示板には通信販売を望む声が多数寄せられるなど、ひまわり乳業を代表する商品。ドリンクの他に「リープルゼリー」も販売されている。「リープル」は県内の量販店の大小を問わず販売されているが、「リープルゼリー」は県内の量販店でもあまり見かけない。2006年7月には敷島製パン、サークルKサンクスとの企業コラボ商品「リープル蒸しケーキ」が発売された。
引用元:ひまわり乳業 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%B2%E3%81%BE%E3%82%8F%E3%82%8A%E4%B9%B3%E6%A5%AD

子どもの頃によく口にした飲み物は、成長したあと、そして故郷を離れたあとも度々思い返しては飲みたくなるものだ。高知県民にとって、そうした心のよりどころとも呼びたくなるソウルドリンクは、間違いなく「リープル」だろう。
>「社長さえ知らないんです。そもそも、商品名表記が『RIPPLE』なのになぜ『リップル』ではなくて『リープル』と読むのかさえ分からないんです」。そう教えてくれたのは、リープルを製造するひまわり乳業広報の内牧陽菜さん。

内牧さんによると、大正11年(1922)創業という長い歴史を持つ同社が、商品開発の経緯を把握していないのは、県内のいくつかの乳業メーカーが合併して発展した会社だからなのだという。「誰も誕生時のことを覚えていないくらい昔からあるからか、工場見学にいらした年配の方にリープルをお出しすると、みなさん口々に『懐かしいね』とおっしゃるんですよ」と内牧さん。

同社では工場見学を無料で受けつけているため、毎月、老若男女問わず多くの人が会社に訪れるのだとか。「1時間程度の見学の後、試飲も楽しんでもらっています。リープル以外には、『ひまわりコーヒー』(250円/1,000ml、140円/500ml、84円/200ml)をお出しすることもあるんですが、どちらも大人気ですね」。
引用元:高知県民のソウルドリンク「リープル」には、味にも名前にも謎がいっぱい!! | マイナビニュース http://news.mynavi.jp/articles/2014/09/14/ripple/