北村薫『ニッポン硬貨の謎』『空飛ぶ馬』『覆面作家は二人いる』『覆面作家の愛の歌』『覆面作家の夢の家』

041TjvfcqN
『ニッポン硬貨の謎』
『空飛ぶ馬』
『覆面作家は二人いる』
『鷺と雪で直木賞受賞』
島田荘司
北村薫(答)
連城三紀彦
歌野晶午

CIMG8296djNNF0JQcJ0R
次の作家・北村薫の
「覆面作家」シリーズの短篇集を
刊行された順に選びなさい
『覆面作家は二人いる』
『覆面作家の愛の歌』
『覆面作家の夢の家』

ZfJlMhz
姓は〈覆面〉、名は〈作家〉。弱冠19歳、天国的美貌の新人推理作家・新妻千秋は大富豪令嬢。若手編集者・岡部を混乱させながら鮮やかに解き明かされる日常世界の謎。お嬢様名探偵、シリーズ第一巻。
引用元:覆面作家は二人いる: 文庫: 北村薫 | KADOKAWA-角川書店・角川グループ http://www.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=199999343201

FRMejmp
ペンネームは覆面作家――本名・新妻千秋。天国的美貌でミステリー界にデビューした新人作家の正体は、大富豪の御令嬢。しかも彼女は現実に起こる事件の謎までも鮮やかに解き明かす、もう一つの顔を持っていた!春のお菓子、梅雨入り時のスナップ写真、そして新年のシェークスピア……。三つの季節の、三つの事件に挑む、お嬢様探偵の名推理。人気絶頂の北村薫ワールド、〈覆面作家〉シリーズ、第二弾登場!
引用元:覆面作家の愛の歌: 文庫: 北村薫 | KADOKAWA-角川書店・角川グループ http://www.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=199999343202

qEzSJeV
12分の1のドールハウスで行われた小さな殺人。そこに秘められたメッセージの意味とは!?天国的美貌を持つミステリー界の人気作家「覆面作家」こと新妻千秋さんが、若手編集者、岡部良介とともに、残された言葉の謎に挑む表題作をはじめ、名コンビが難事件を解き明かす全3篇を収録。作家に探偵、おまけに大富豪のご令嬢と、様々な魅力を持つお嬢様探偵、千秋さんの名推理が冴えわたる〈覆面作家〉シリーズ第3弾! 解説・有栖川有栖
引用元:覆面作家の夢の家: 文庫: 北村薫 | KADOKAWA-角川書店・角川グループ http://www.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=199999343203

055jqKhyQYyzZ
次の作家・北村薫の
「円紫さん」シリーズの小説を
刊行された順に選びなさい
『空飛ぶ馬』
『夜の蝉』
『秋の花』
『六の宮の姫君』
『朝露』

北村 薫(きたむら かおる、1949年12月28日 – )は、日本の小説家、推理作家。埼玉県北葛飾郡杉戸町生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。
>早稲田大学在学中はワセダミステリクラブに所属。卒業後、母校である埼玉県立春日部高等学校の国語教師をしながら(1980年 – 1993年)、創元推理文庫の「日本探偵小説全集」を編集。1989年、覆面作家として東京創元社「鮎川哲也と十三の謎」の1冊『空飛ぶ馬』でデビュー。1991年に『夜の蝉』で第44回日本推理作家協会賞(連作短篇集賞)を、2006年に『ニッポン硬貨の謎』で第6回本格ミステリ大賞(評論・研究部門)・2006年版バカミス大賞を受賞する。代表作『スキップ』等で、直木賞最終候補作に6度選ばれている。また、本格ミステリ作家クラブ設立時の発起人の一人であり、初代事務局長を務める。2005年、同クラブの会長に就任する。また同年より翌2006年度まで、早稲田大学文学学術院客員教授として教壇に上る。2009年、『鷺と雪』で第141回直木賞を受賞する。2013年度より再度早稲田大学にて文学学術院文化構想学部教授に着任。
国語教師時代の教え子にラーメンズの片桐仁、演劇集団キャラメルボックスの西川浩幸がいる。片桐は偶然『スキップ』を読み、自分が受けた授業が描かれていて感動した、と語っている。西川は舞台化された『スキップ』に出演した。
引用元:北村薫 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E6%9D%91%E8%96%AB

島田 荘司(しまだ そうじ、1948年10月12日[1] – )は、日本の小説家、推理作家。ロサンゼルスと吉祥寺に居を構えていたが、現在は日本にほぼ在住している。
>広島県福山市に生まれる[1]。広島県立福山誠之館高校、武蔵野美術大学商業美術デザイン科を卒業[2][3]。ダンプカーの運転手、ライター、ミュージシャンなどを経て、1981年に名探偵御手洗潔が登場する『占星術殺人事件』(投稿時の題名は『占星術のマジック』)が江戸川乱歩賞最終候補作品となり小説家としてデビューする[4]。
引用元:島田荘司 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B3%B6%E7%94%B0%E8%8D%98%E5%8F%B8

連城 三紀彦(れんじょう みきひこ、1948年1月11日 – 2013年10月19日)は、日本の小説家。真宗大谷派の僧侶。本名は加藤 甚吾(かとう じんご)
>1977年「変調二人羽織」で第3回幻影城新人賞(小説部門)を受賞し、同作が探偵小説専門誌『幻影城』1978年1月号に掲載されデビュー。大胆な仕掛けや叙情性溢れる美文体を用いたトリッキーな作風で評価を得る。その後ミステリ的筆致を心理の機微を表現することに応用した恋愛小説を著すようになり、直木賞を受賞した『恋文』以降は大衆小説に執筆の主軸を移した。しかしその後もフレンチミステリ的心理劇や謀略サスペンス、誘拐もの、叙情的な幻想ミステリ、メタミステリなど、多彩なミステリの執筆も行っている。
引用元:連城三紀彦 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%A3%E5%9F%8E%E4%B8%89%E7%B4%80%E5%BD%A6

歌野 晶午(うたの しょうご、1961年9月26日 – )は、日本の小説家、推理作家。本名は歌野 博史(うたの ひろし)。主に本格推理小説を発表している。いわゆる「新本格第一世代」の1人。福岡県福岡市出身。福岡県立城南高等学校卒業。東京農工大学農学部環境保護学科卒業。
>1992年の『さらわれたい女』以後、一時作品の発表がとだえるが、1995年『ROMMY』で復活。以後、1年に1〜2冊のペースで新作を発表し続ける。2003年に発表した『葉桜の季節に君を想うということ』は、2004年のこのミステリーがすごい!、本格ミステリ・ベスト10の各1位に選ばれ、第57回日本推理作家協会賞と、第4回本格ミステリ大賞を受賞し、高い評価を得た。
引用元:歌野晶午 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%8C%E9%87%8E%E6%99%B6%E5%8D%88