ぜんじまる「禅寺丸」柿 日本最古の甘柿の品種 王禅寺に原木

005bYhhYOR
日本で最古の甘柿の品種と
されています
禅寺丸
ぜんじまる(答)

禅寺丸柿(ぜんじまるがき)とは、 川崎市麻生区原産の柿の品種である[1]。 別名、王禅寺丸柿。不完全甘柿。日本最古の甘柿の品種と言われている[1]。
>鎌倉時代の1214年(建保2)に、川崎市麻生区にある星宿山蓮華院王禅寺の山中で自生しているものを偶然に発見したとされる[1]。 それまで日本各地の柿木は全て渋柿のものであり、甘柿の存在は知られておらず、日本で最初の甘柿として位置づけられている[1]。
引用元:禅寺丸 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%85%E5%AF%BA%E4%B8%B8

禅寺丸柿は、鎌倉時代前期にあたる建保2年(1214年)に星宿山王禅寺の山中で発見された甘柿とされています。このことから、柿生の地名の元となり、古くから地域の人々の生活を支えてきました。江戸時代の1648年頃から王禅寺近隣地域に栽培が広がり、明治時代の末には最盛期を迎えました。
大正10年(1921年)の柿生村の生産量は938トンに達しましたが、その後は新種の登場や都市化の進展による柿の木の減少により、昭和40年代半ばには市場から一旦姿を消しました。しかし、地域の人々の熱意と努力で「柿生禅寺丸柿保存会」が結成され、その希少価値から人気が復活しました。
平成19年には国の登録記念物に指定され貴重な文化財として保護が図られています。
>平成25年10月21日には、区役所前広場において「禅寺丸柿の日記念イベント(麻生観光協会主催)」を開催したほか、麻生観光協会をはじめ関係団体の協力により禅寺丸柿のキャラクター「かきまるくん」の着ぐるみが作成され、地域のおまつりなどに登場し盛り上げています。
YHkRVVr
引用元:川崎市麻生区:禅寺丸柿について http://www.city.kawasaki.jp/asao/page/0000057747.html

王禅寺(おうぜんじ)は、川崎市麻生区にある真言宗豊山派の寺院。星宿山蓮華蔵院王禅寺と号する。この寺院付近一帯の地名にもなっている。「東の高野山」とも呼ばれた。 寺紋は三つ葉葵。
日本最古の甘柿の品種と言われている禅寺丸が発見された寺として有名[1]。境内には原木が残っている。
引用元:王禅寺 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8E%8B%E7%A6%85%E5%AF%BA