「山岸一雄」 つけ麺を考案した「東池袋大勝軒」創業者

095vwCpgXf
つけ麺の生みの親である
東池袋大勝軒の創業者は
◯◯一雄?
◯の苗字をひらがなで答えなさい
やまぎし(答)
「山岸一雄」

CIMG0741qRkzlnpCfMhe
めん類の湯切りに用いる
「振りざる」とも呼ばれる
調理道具を○○という?
◯を答えなさい
テボ(答)
「鉄砲ざる」から
引用元:『アイアムアヒーロー』花沢健吾のホラー漫画 ZQN 『実は私は』黒峰朝陽(くろみねあさひ)と人外(吸血鬼ほか)のラブコメ | わかればいいのに I wish I knew http://seethefun.net/%e3%82%a2%e3%83%8b%e3%83%a1%ef%bc%86%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0/12119/

山岸 一雄(やまぎし かずお、1934年(昭和9年)4月28日 – 2015年(平成27年)4月1日[1])は東京都豊島区東池袋にあったラーメン店「東池袋大勝軒」の創業者である[2]。日本におけるつけ麺の普及に広く貢献し「つけ麺の元祖」[3]や「つけ麺の生みの親」[4]と呼ばれ広く親しまれた。
>上京から1年位経った頃に、親の従兄弟であり、仲が良く「兄貴」と慕っていた坂口正安に勧められ、1951年(昭和26年)4月、一緒のラーメン屋(修行店)に勤め始める[6]。その後修行店から坂口が独立する際に行動を共にし、『大勝軒』(中野店)を立ち上げた。この店名は「大きく軒並みに勝る」と言う言葉に由来[7]。後に坂口が別の場所に本店(代々木上原店)を構えたことにより、山岸が中野店の店長を任されることになった。その頃、修行店時代から存在し賄食としていた、「湯呑み茶碗にスープと醤油を入れたものに、残ってしまった麺を浸したもの」を食していたところ、それを見ていた客が「今度俺にも食わせてよ」と関心を示した。これが転機となり、試行錯誤しながら研究を行い、常連客に試食させたところ評判が良かったのでメニューの一品として完成させ、1955年「特製もりそば」として供されたものが、商品化された最初のつけ麺といわれ、その考案者とされている[6]。
>2015年(平成27年)4月1日、心不全のため逝去。満80歳没 (享年82)[1]。通夜は同月7日に護国寺で営まれ、ラーメン評論家の大崎裕史やタレントの勝俣州和、猫ひろしをはじめ常連客や弟子ら約600人が参列した[16][17][18]。告別式は翌日同所で営まれ、喪主は実妹、葬儀委員長は飯野敏彦が務め、競馬評論家の阿部幸太郎や衆議院議員の小池百合子、映画監督の印南貴史、弟子ら数百人が最後の別れを告げた[19][20][12]。
引用元:山岸一雄 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E5%B2%B8%E4%B8%80%E9%9B%84

ただ、繁盛店となったのは、味だけが理由ではない。山岸氏の優しい人柄も大勝軒に欠かせない魅力だった。同店を30年以上前から訪れているラーメン評論家の大崎裕史氏が往時の思い出を語る。

「お会計の時に『ありがとね』と言いながら浮かべる笑顔が、なんともすてきでした。私も山岸さんのあの顔が見たくて通ったひとりです」

さらには、こんなちゃめっ気もあった。

「その日の行列の最初の16人までに並ぶと、開店と同時に入店できるのですが、彼らへの麺の中には、頼んでもいないギョーザやチャーシューが隠されているんです。店が開く3時間も前から並んでくれる人に対する、山岸さんからの感謝のメッセージでした。それはある時期まで常連にしか知られていない秘密の楽しみだったのです」(大崎氏)
>彼の元から巣立っていった弟子は100人を超え、それぞれが店を構えた。個人経営のラーメン店からののれん分け数としては、もちろん日本最多だ。しかも山岸氏は弟子たちの店から大勝軒の名称の使用料や上納金などを一切取っていない。金儲けへの欲がまるでないのだ。しかし、それでは引退後の生活のこともあるからと、逆に周囲の人々が気をもんだ。

「近年、大勝軒や山岸さんの名を冠したカップ麺やつけ麺スープなどが大手食品会社から販売されるようになりましたが、あれは古参の弟子たちが知恵を絞り、引退していた山岸さん自身のビジネスにできる仕組みをつくった成果なのです。山岸さんのほうも商品化することによって大勝軒の名が知れ渡り、各地の弟子たちの店を後押しできるのならということで承諾したようです」(大崎氏)
引用元:“つけ麺の父”大勝軒・山岸一雄氏が遺したもの。金儲けの欲がなさすぎた? – 社会 – ニュース|週プレNEWS[週刊プレイボーイのニュースサイト] http://wpb.shueisha.co.jp/2015/04/14/46492/