よこぜきだい「横関大」 2010『再会』で江戸川乱歩賞

003qSARZcr
2010年の江戸川乱歩賞を
『再会』で受賞した作家です
横関大
よこぜきだい(答)

vStnRHk
再会
電子書籍
サイカイ
著:横関大
>小学校卒業の直前、悲しい記憶とともに拳銃をタイムカプセルに封じ込めた幼なじみ四人組。23年後、各々の道を歩んでいた彼らはある殺人事件をきっかけに再会する。わかっていることは一つだけ。四人の中に、拳銃を掘り出した人間がいる。繋がった過去と現在の事件の真相とは。<第56回江戸川乱歩賞受賞作>
引用元:『再会』(横関大):講談社文庫|講談社BOOK倶楽部 http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062773478

横関 大(よこぜき だい、1975年2月18日 – )は、日本の小説家・推理作家。静岡県生まれ。武蔵大学人文学部日本文学科卒業[1]。
>20代後半で地元に戻り富士宮市職員として働く傍ら[2]、2002年から8年連続で江戸川乱歩賞に応募し[3]、2006年「ライダーズ・ハイ」で、2007年「聖クレーマーの憂鬱」で、2008年「ハーネス」で、最終候補作に残る。2010年『再会』(応募時のタイトルは「再会のタイムカプセル」)で第56回江戸川乱歩賞を受賞し作家デビュー。
引用元:横関大 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%AA%E9%96%A2%E5%A4%A7