「張栩」林海峰門下 平成の四天王 妻は小林泉美(いづみ)

045OXtggSC
林海峰門下の囲碁棋士
「平成の四天王」の一人
妻は女流囲碁棋士の小林泉美
2010年にグランドスラムを達成
井山裕太
河野臨
山下敬吾
張栩(答)

CIMG5584
次の女流囲碁の
タイトルと初代王者の
正しい組み合わせを選びなさい
女流本因坊───本田幸子
女流名人───宮崎志摩子
女流棋聖───小林泉美 こばやしいづみ
引用元:大三冠「本因坊」「棋聖」「名人」 囲碁平成の四天王「張栩」「山下敬吾」「羽根直樹」「高尾紳路」 シェイイミン「謝依旻」若鯉戦初代優勝の女性棋士 本田幸子「初代女流本因坊」宮崎志摩子「初代女流名人」小林泉美(いづみ)「初代女流棋聖」 こやまてるみ「小山栄美」元女流名人 | わかればいいのに I wish I knew http://seethefun.net/%e3%82%a2%e3%83%8b%e3%83%a1%ef%bc%86%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0/10795/

エフェクト
囲碁棋士の張栩を夫に持つ女流囲碁棋士
小林泉美
こばやしいづみ(答)

平成四天王(へいせいしてんのう)は、平成期に活躍しているトップ囲碁棋士四名の総称。張栩、山下敬吾、羽根直樹、高尾紳路の四人を指す。
引用元:平成四天王 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E6%88%90%E5%9B%9B%E5%A4%A9%E7%8E%8B

張栩(ちょう う、1980年1月20日 – )は、日本棋院所属の囲碁棋士。林海峰名誉天元門下。小林光一は義父に当たる。
史上初の五冠王、史上二人目のグランドスラム達成、通算七大タイトル獲得数歴代5位、3大タイトル獲得数歴代6位、棋道賞最優秀棋士賞7回(歴代2位タイ)、王座位獲得数歴代2位など多数の記録を持つ。
>翌2009年の4月には3-1で高尾紳路を破り、初の十段位を獲得すると共に、1977年に現行の七大タイトル制になって以降では史上初の五冠を達成した。2009年に井山裕太に1-4で名人位を奪われるが、2010年2月には山下敬吾の持つ棋聖戦に初挑戦し、4-1で奪取。初の棋聖位を獲得すると共に、趙治勲に続く史上二人目のグランドスラム(現行七大タイトルを全て経験)を達成した。
2010年以降、井山裕太の台頭によってタイトルを次々と奪われ、2013年に棋聖位を失冠し無冠となった。以降長期の成績不振に陥っており、タイトル戦でも第61期王座戦を最後に顔を出していない。そして2015年5月に生活の拠点を台湾に移す。妻の小林泉美六段や子どもも一緒であり、小林泉美は日本棋院に休場を申し出た[1]。張栩は、日本での棋戦には常に出張して対局している。
引用元:張栩 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%B5%E6%A0%A9

羽根直樹(はね なおき、1976年8月14日 – )は囲碁のプロ棋士。日本棋院中部総本部所属。三重県志摩市磯部町出身。A型。七大タイトル獲得は8期。棋聖2期、本因坊2期、天元3期、碁聖。
引用元:羽根直樹 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%BD%E6%A0%B9%E7%9B%B4%E6%A8%B9

山下 敬吾(やました けいご、1978年9月6日 – )は、日本棋院所属のプロ棋士。北海道旭川市出身。緑星囲碁学園出身。棋聖、名人、本因坊などのタイトルを獲得。雅号は「道吾(どうわ)」。
張栩、羽根直樹、高尾紳路らとともに「若手四天王」「平成四天王」と称される。
3大タイトル獲得数歴代6位タイ、棋聖位獲得数歴代4位。棋道賞最優秀棋士賞を2度・優秀棋士賞を6度受賞。
引用元:山下敬吾 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E4%B8%8B%E6%95%AC%E5%90%BE

高尾 紳路(たかお しんじ、1976年10月26日 – )は、日本棋院東京本院所属の囲碁のプロ棋士、九段。千葉県千葉市出身、藤沢秀行名誉棋聖門下。本因坊在位時の雅号は「秀紳(しゅうしん)」。血液型A型。実兄は、歴史学者の高尾善希。
師から受け継いだ手厚い棋風で、地に辛い傾向の強い現代碁界にあってそのスタイルは異彩を放つ。羽根直樹、張栩、山下敬吾らとともに「若手四天王」(近年では「平成四天王」)と称される。
引用元:高尾紳路 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E5%B0%BE%E7%B4%B3%E8%B7%AF