イラストエッセイで有名 たかぎなおこ『ひとりたび』『150cmライフ。』 小栗左多里『空に真っ赤なモノレール』『プチ修行』 コンドウアキ『ホッと歳時記』『トリペと』 ばばかよ『幸せのヒント集』『ピクニッキズム』 細川貂々『イグアナの嫁』『どーすんの?私』 大田垣晴子『焼酎ぐるぐる』『花のような女』 上大岡トメ『生き延びるための地震学入門』『しろのあお』

009uxqPiTqkXOW
018jOMOuGP
イラストエッセイで有名
『ひとりたび』シリーズ
『30点かあさん』
『150cmライフ。』シリーズ
たかぎなおこ(答)
益田ミリ
コンドウアキ
細川貂々
40%

t_x200xRChyZZ
オトナの女のひとりたびってけっこう楽しいですよ。
「150cmライフ。」シリーズで大人気のたかぎなおこが、初のひとりたびに挑戦!道に迷ってオロオロしたり、人に話しかけられてアワアワしたり。そんなひとりたび初心者が描く、ほのぼの旅エッセイです。
引用元:ひとりたび1年生 – たかぎなおこ(コミックエッセイ):電子書籍ストア – BOOK☆WALKER - http://bookwalker.jp/dedbd8c73c-9359-48d6-88ea-e4fafebeb905/?adpcnt=7qM_Nkp

CIMG4708LaeVLehuVTYv
イラストエッセイで有名
『空に真っ赤なモノレール』
『プチ修行』
『ダーリンは外国人』
コンドウアキ
小栗左多里(答) おぐりさおり
大田垣晴子 おおたがきせいこ
ばばかよ

3721FNIPGZp
小栗左多里 / 著 
修行すれば、幸せになれるのではないか。そんな野望を胸に、ベストセラー『ダーリンは外国人』の著者が無謀にも挑んだ写経、座禅、滝、断食、お遍路などの修行の数々。体験コミックエッセイ。


イラストエッセイで有名
ホッと歳時記
トリペと
リラックマ 4クママンガ
コンドウアキ(答)

PTLHeLL
『リラックマ』の作者によるイラストエッセイ!夫と子供と3人暮らしで12ヶ月をほっこり楽しむ「暮らし」と「ご飯」。
引用元:ホッと歳時記 – 株式会社 大和書房 生活実用書を中心に発行。新刊案内、書籍目録、連載エッセイ、読者の広場。 http://www.daiwashobo.co.jp/book/b90373.html

連想
イラストエッセイで有名
幸せのヒント集
ピクニッキズム
となりのモテは蜜の味
ばばかよ(答)

dlSoDoN
朝日新聞で週一連載されていたコラムをまとめたイラストエッセイ集。たとえば「“こわもてだけどペット好き”や“童顔だけど巨乳”などの、意外なギャップで人気者を目指す」「“ペットは飼い主に似てくる”ということを利用し、ペットを自分の鏡とする。ペットを見て、自分のいい所・悪い所を再発見!」。
引用元:ピクニッキズム|書籍詳細|扶桑社 http://www.fusosha.co.jp/books/detail/9784594038823

連想
イラストエッセイで有名
イグアナの嫁
どーすんの?私
ツレがうつになりまして。
細川貂々(答)

vYuktlM
細川貂々 / 著 
ベストセラー『ツレがうつになりまして。』第2弾! 無職・無気力・無責任な夫婦の救世主は、無声・低温・グロテスクな一匹のイグアナ!? ダメ夫婦の成長にじんわり感動コミックエッセイ。
引用元:イグアナの嫁 | 株式会社 幻冬舎 http://www.gentosha.co.jp/book/b1425.html

連想
イラストエッセイで有名
焼酎ぐるぐる
花のような女
サンサル
大田垣晴子(答)

iRdRjhp
九州の蔵元を巡る旅

わたしは、こう見えても酒が大好きである。でも酒グルメではない。うまい酒、いい酒は確かに素敵だけれど、ブランドじゃなければダメってわけではないし――酒好きというより酒の醸す雰囲気が好きなのだと思う。(はじめにより)
引用元:焼酎ぐるぐる – 大田垣晴子(MF文庫ダ・ヴィンチ):電子書籍ストア – BOOK☆WALKER - http://bookwalker.jp/de8ce89bfc-71e0-4a36-b9a9-f52cc38544eb/?adpcnt=7qM_Nkp

連想
イラストエッセイで有名
生き延びるための地震学入門
しろのあお
キッパリ!
上大岡トメ(答)

jmLouNR
上大岡トメ / 著 上大岡アネ / 著 
地震対策、もっとも重要なのは、正しい「知識」!! 上大岡トメが、実姉の上大岡アネ(京都大学大学院理学研究科准教授・地震学)の講義を、とことんわかりやすくマンガ化&図解しました。
引用元:生き延びるための 地震学入門 | 株式会社 幻冬舎 http://www.gentosha.co.jp/book/b9134.html

たかぎ なおこ(1974年3月26日 – ) は、三重県四日市市出身のイラストレーター。美術系短大およびデザイン専門学校卒業後、名古屋市のデザイン会社を経て1998年に上京。2003年、『150cmライフ。』でイラストエッセイデビュー。
>自身のホームページに『部屋の蛍光灯を付け替えようとしたら身長150cmなためにとても苦労した』と日記に載せたところ、身長が低い女の子のための本を描けるイラストレーターを探していたメディアファクトリーの編集者の目に留まり、『150cmライフ。』でデビューした。 その後、旅やグルメなど、身近なテーマを親しみやすいイラストエッセイで連載、人気を得る。
走るのが好きて走っていたらメディアファクトリーの編者にマラソンの本を出してみませんか?と言われ、マラソン一年生などのマラソン本を出しみた。
引用元:たかぎなおこ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%9F%E3%81%8B%E3%81%8E%E3%81%AA%E3%81%8A%E3%81%93

小栗 左多里(おぐり さおり、1966年12月10日 – )は、日本の漫画家。岐阜県関市出身。岐阜県立加納高等学校美術科、多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業。
1995年、少女漫画誌『コーラス』(集英社)にて『空に真赤なモノレール』でデビュー。夫のトニー・ラズロとの結婚生活を描くコミックエッセイ『ダーリンは外国人』シリーズで有名である。現在、一児の母。好きな食べ物は寿司とマスクメロン。
引用元:小栗左多里 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%A0%97%E5%B7%A6%E5%A4%9A%E9%87%8C

コンドウ アキ(1977年2月12日 – )は、日本のイラストレーター、キャラクターデザイナー。
夫はイラストレーターの相澤タロウイチ。2女の母。
>愛媛県松山市出身。女子美術大学短期大学部造形学科情報デザイン専攻卒業後、1997年にサンエックスに入社。同社デザイン室に所属。サンエックスでみかんぼうや(キャラ原案からキャラクター商品全般を担当)、リラックマ(キャラ原案からキャラクター商品全般を担当)、あまぐりちゃん(第一弾キャラクター商品・書籍を担当)などのヒット作品を生み出す。
>長女の愛称「トリペ」は、出産時お祝いで貰ったトリのぬいぐるみに長女がソックリだったことから。
次女の愛称「モッチン」は、姉であるトリペが命名した。
引用元:コンドウアキ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%A6%E3%82%A2%E3%82%AD

ばばかよ(BBKY)

イラストレーター・漫画家

1970年3月18日生まれ。岐阜県出身。

92年成蹊大学日本文学科卒。

大学卒業後から約一年宙ぶらりんの後、なんとなく雑誌・書籍等でイラスト、漫画、エッセイなどの仕事ををはじめる。
引用元:ばばかよとは – はてなキーワード http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%D0%A4%D0%A4%AB%A4%E8

細川 貂々(ほそかわ てんてん、1969年9月16日 – )は、日本の漫画家、イラストレーター。埼玉県行田市出身。現在は兵庫県宝塚市在住。キリスト教 カトリック教会の信徒である[1]。
>セツ・モードセミナー卒業後、さまざまな職業を経て、1996年12月、『ぶ〜けDX』(集英社)で漫画家としてデビューする。
うつ病を患った夫・望月昭との夫婦での闘病記をイラストを交えて綴った『ツレがうつになりまして。』(幻冬舎・略称は「ツレうつ」)を2006年に発表、大きな反響を呼ぶベストセラーとなった。続編の『その後のツレがうつになりまして。』もヒット。「ツレうつ」は2009年5月にテレビドラマ化、2011年10月に映画化された他、たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学でも当時の状況が紹介された。
引用元:細川貂々 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%B0%E5%B7%9D%E8%B2%82%E3%80%85

大田垣 晴子(おおたがき せいこ、1969年10月16日 – )は、神奈川県横浜市出身のイラストレーター、エッセイスト(自称「画文家」)。本名同じ、既婚。3人娘の次女である。あだ名は主にセイちゃん、大学時代に入り浸っていた居酒屋ではダーティー・ロリータと呼ばれていた。お酒が大好きで、最近は、再び、日本酒に目覚めているらしい。
画文家とは、噛み砕いて言えば、漫画ではないが、イラストとエッセイを融合させることである。
引用元:大田垣晴子 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E7%94%B0%E5%9E%A3%E6%99%B4%E5%AD%90
引用元:大田垣晴子 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E7%94%B0%E5%9E%A3%E6%99%B4%E5%AD%90

上大岡 トメ(かみおおおか とめ、1965年 – )は日本のイラストレーター、エッセイスト。地震学者で、京都大学大学院理学研究科准教授の久家慶子は実姉。
>東京都生まれ。山口県宇部市在住。
神奈川県立光陵高等学校卒業。東京理科大学工学部建築学科卒業。大成建設勤務を経てイラストレーターとなる。一級建築士資格を所有。
2004年7月に出した『キッパリ! たった5分で自分を変える方法』(幻冬舎)が100万部を超えるベストセラーになる。2005年11月には、第2弾『スッキリ! たった5分間で余分なものをそぎ落とす方法』が発売された。
引用元:上大岡トメ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E5%A4%A7%E5%B2%A1%E3%83%88%E3%83%A1