スポーツドリンク 「ソーピード」「ゲータレード」

125totrSzx
次のうち、スポーツドリンクを
全て選びなさい
マムシゲン 阪本漢方製薬
ポカリスエット(答)大塚製薬
ゲータレード(答)サントリーフーズ
ソーピード(答)ヤクルト
カナダドライ 日本コカコーラ
ローヤルスター JT

006xaIFxSfMzt
赤まむし、マムシゲンなどの
精力剤を販売している会社
サカンポー
引用元:「サカンポー」赤まむしの会社 阪本漢方薬品 | わかればいいのに I wish I knew http://seethefun.net/%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab/2142/

スポーツドリンクは、運動による発汗等によって体から失われてしまった水分やミネラル分を効率良く補給することを目的とした機能性飲料である。特に脱水症状の回復や、炎天下のスポーツにおける熱中症防止に効果がある。近年ではスポーツ飲料と呼ばれることがある。また体液にほぼ等しい浸透圧を持つものはアイソトニック飲料とも呼ばれる。日本のメディアでは、日常生活の熱中症対策としてスポーツドリンクを勧めていることが多い。
>飲み過ぎ注意[編集]
糖度が高いスポーツドリンクは多いが、その中でもペットボトル入りスポーツドリンクの場合、炭酸飲料よりも糖分が多量に含まれている商品もある。これらを家庭内など運動していない状態で、水の代わりに飲むことは勧められない。一部の親は子供に炭酸飲料を与えすぎるのは健康に悪いとは知っているものの、同様の理由でスポーツドリンクを与え過ぎてもいけないことを知らない場合がある。ただ、水だけを飲みすぎると体内の塩分濃度が薄まるだけでなく尿としても水分等が排出されてしまい、脱水症状を引き起こすので適度な塩分や電解質の補給も必要である。[1]
>また、乳幼児の場合には一般的な製品のスポーツドリンクでは、ナトリウム不足から水中毒に陥る危険性がある。医療用の経口補水塩や乳幼児用として特別に配合された飲料も薬局・薬店などでも販売されており、こと乳幼児に対しては、それら専用の製品を与える方が望ましい。
>代表的なブランド[編集]
日本では2007年時点でアクエリアスブランドの商品だけで国内シェアの約45%を占めており、上位3ブランドのアクエリアス・ポカリスエット・DAKARAの合計で約9割となる[8]。
ゲータレード(ストークリー・ヴァンキャンプ、日本では大正製薬→雪印食品→雪印乳業→サントリーフーズ)
アクエリアス、パワーエイド(コカ・コーラ)
ポカリスエット、アミノバリュー・Wアミノバリュー、エネルゲン(大塚製薬)
スピードアスリート(ダイドードリンコ)
塩JOYサポート、ザバス スポーツウォーター(500ml)(ポッカサッポロフード&ビバレッジ)
VAAM(ヴァーム)、ヴァームウォーター、ザバス スポーツウォーター(パウダー)(明治)
SUPER H2O(アサヒ飲料) – F1レーサー佐藤琢磨との共同開発
アミノバイタルウォーター、アミノバイタルカプシウォーター(味の素)
KIRIN LOVES SPORTS、アミノサプリ、アミノバイタルボディリフレッシュ(キリンビバレッジ)
ポストアミノ1200、氷晶ポストニックアミノ(サンガリア)
ソーピード(ヤクルト本社) – 水泳選手イアン・ソープとの共同開発。ネーミング由来はイアン・ソープの愛称から
DAKARA(サントリーフーズ) – 塩化ナトリウムの含有量を他社製品より減らしている。
引用元:スポーツドリンク – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF