「グルニエ」フランス語で「屋根裏部屋」 アティック

013qYENLYWtNm
住宅の屋根裏部屋を
フランス語で何という?
フマグニト
ロルンエメ
→グルニエ
grenier

グルニエ 【(フランス)grenier】
 屋根裏部屋。→ロフト
引用元: グルニエ とは – コトバンク.

グルニエとは、フランス語で屋根裏部屋のことです。
ロフトと似ていますが、ロフトが天井高を高くして部屋の一部を2層式にした上部スペースのことをさすのに対し、グルニエは屋根裏を利用した収納スペースのことをさします。建築基準法では、小屋裏物置等という扱いになります。面積は下の階の2分の1以下、天井高は1.4m以下、小屋裏に出入りするためのハシゴは固定式でないこと、などの規制があります。そのため取り外し可能なはしごをかけたり、折り畳んで収納できるタイプのはしごを取り付けたものがよく見られます。
引用元: グルニエとは?グルニエの意味を調べる|不動産用語集【HOME'S】.