村上春樹の翻訳『大聖堂』『世界のすべての七月』『グレート・ギャツビー』

003xmeBGyy
次のうち、村上春樹が
翻訳して出版した海外の小説を
1つ選びなさい
大聖堂(答)レイモンド・カーヴァー
ライ麦畑でつかまえて
大いなる眠り
世界のすべての七月(答)ティム・オブライエン
ゲド戦記
グレート・ギャツビー(答)フィッツジェラルド
ラスト・タイクーン
ガープの世界
キャッチャー・イン・ザ・ライ(答)サリンジャー

実戦では「キャッチャー・イン・ザ・ライ」の正答選択肢がありました。

YGnhJcF
村上春樹 訳 レイモンド・カーヴァー 著

「ぼくが電話をかけている場所」「ささやかだけれど、役にたつこと」ほか、一級の文学としての深みと品位をそなえた、粒ぞろいの名篇を収録。成熟期の風格漂う、カーヴァー最高の短篇集。
引用元:大聖堂|単行本|中央公論新社 http://www.chuko.co.jp/tanko/2007/03/403502.html

HYvLBvg
村上春樹が訳す、「我らの30年」。魅力のオムニバス小説
69年卒の同窓会に集う男女。彼らの30年とは? ラヴ&ピースから遠く離れてなおハッピーエンドを求めて苦闘する同時代人の感動作
引用元:文春文庫『世界のすべての七月』ティム・オブライエン 村上春樹 訳 | 文庫 – 文藝春秋BOOKS http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784167705732

iypOayS
村上春樹 訳 スコット・フィッツジェラルド 著

村上春樹が人生で巡り会った、最もたいせつな小説を、あなたに--読書家として夢中になり、小説家として目標のひとつとしてきた名作に、翻訳家として挑む、構想二十年、満を持しての訳業。
引用元:グレート・ギャツビー|単行本|中央公論新社 http://www.chuko.co.jp/tanko/2006/11/403504.html

JGwiRRg
不朽の青春文学『ライ麦畑でつかまえて』が、村上春樹の訳で生まれ変わる。ホールデンが永遠に16歳でありつづけるように、この小説はあなたの中に、いつまでも留まることでしょう。
引用元:キャッチャー・イン・ザ・ライ – 白水社 http://www.hakusuisha.co.jp/book/b206346.html

村上 春樹(むらかみ はるき、1949年1月12日 – )は、日本の小説家、アメリカ文学翻訳家。京都府京都市伏見区に生まれ、兵庫県西宮市・芦屋市に育つ。
早稲田大学在学中にジャズ喫茶を開く。1979年、『風の歌を聴け』で群像新人文学賞を受賞しデビュー。1987年発表の『ノルウェイの森』は上下430万部を売るベストセラーとなり、これをきっかけに村上春樹ブームが起きる。その他の主な作品に『羊をめぐる冒険』『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』『1Q84』などがある。
>デビュー以来、翻訳も精力的に行い、スコット・フィッツジェラルド、レイモンド・カーヴァー、トルーマン・カポーティー、レイモンド・チャンドラーほか多数の作家の作品を訳している。また、随筆・紀行文・ノンフィクション等も出版している。後述するが、ビートルズや ウィルコ といった音楽を愛聴し自身の作品にモチーフとして取り入れるなどしている。
>2003年以降、アメリカ文学の新訳を継続的に刊行している。同年4月、『ライ麦畑でつかまえて』のタイトルで親しまれてきたサリンジャーの長編の新訳『キャッチャー・イン・ザ・ライ』を発表。同作品を皮切りに、フィッツジェラルドの『グレート・ギャッツビー』(2006年11月)、レイモンド・チャンドラーの『ロング・グッドバイ』(2007年3月)、トルーマン・カポーティの『ティファニーで朝食を』(2008年2月)、チャンドラーの『さよなら、愛しい人』(2009年4月)、『リトル・シスター』(2010年12月)、『大いなる眠り』(2012年12月)、『高い窓』(2014年12月)、サリンジャーの『フラニーとズーイ』(2014年2月)等を翻訳した。
引用元:村上春樹 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%91%E4%B8%8A%E6%98%A5%E6%A8%B9