ヴィカース・スワループ『ぼくと1ルピーの神様』(スラムドック・ミリオネア原作)『6人の容疑者』

255dBaOFZr
次のうち、インド総領事も務める
作家ヴィカース・スワループの
小説を1つ選びなさい
第三面の殺人 カルパナ・スワミナタン
グアヴァ園は大騒ぎ キラン・デサイ
ぼくと1ルピーの神様(答)
カルカッタ染色体 アミタヴ・ゴーシュ
6人の容疑者(答)
ギタンジャリ ラビンドラナート・タゴール

ヴィカース・スワループ(Vikas Swarup、 विकास स्वरूप、1963年 – )は、インドの外交官・小説家。イラーハーバード出身。
>1986年からインドの外務省に勤務し、トルコ、アメリカ合衆国、エチオピア、イギリス、南アフリカ共和国に赴任。2009年8月からは在大阪インド総領事館総領事として日本に赴任している。
2005年、『ぼくと1ルピーの神様』で小説家としてデビュー。本書は『スラムドッグ$ミリオネア』のタイトルで映画化され、アカデミー作品賞を受賞するなど、世界中で高い評価を得た。
2015年4月18日付でインド外務省の報道官に就任する [1]。
>ぼくと1ルピーの神様 Q & A (2005)
6人の容疑者 Six Suspects (2008)
引用元:ヴィカス・スワラップ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%82%AB%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%97

カルパナ・スワミナタン(Kalpana Swaminathan、1956年 – )は、インドの小説家、外科医。タミル系、女性。ムンバイ出身・在住。小説の創作に使用するのは英語。
小説家としては、一般の小説や推理小説、児童文学を執筆している。引退した元刑事の女性ラッリを探偵役に据えたラッリシリーズの第2長編『園丁の歌』(2007年)は現地でベストセラーになった。[1]
カルピシュ・ラトナ(Kalpish Ratna)という筆名で、同じく外科医であるイシュラト・シード(Ishrat Syed)と合作した著作もある。
引用元:カルパナ・スワミナタン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%91%E3%83%8A%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%82%BF%E3%83%B3

キラン・デサイ(Kiran Desai, 1971年9月3日 – )とは、インドの小説家である。 小説家アニター・デサイ(Anita Desai)の娘。
>品[編集]
『グアヴァ園は大騒ぎ』(Hullabaloo in the Guava Orchard)(1998年)
『喪失の響き』(The Inheritance of Loss)(2006年)
引用元:キラン・デサイ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%87%E3%82%B5%E3%82%A4

アミタヴ・ゴーシュ(Amitav Ghosh、1956年7月11日 – )はベンガル系インド人の英語作家。現在は妻子と共にブルックリン在住。2007年インド政府よりパドマ・シュリ賞を授与される[1]。
>フィクション[編集]
The Circle of Reason (1986) – 1990年メディシス賞外国小説部門受賞[3]
シャドウ・ラインズ——語られなかったインド (The Shadow Lines 1990) – インドで最も権威のある文学賞、サーヒトヤ・アカデミー賞を受賞[4]
カルカッタ染色体 (The Calcutta Chromosome 1995) – 1997年アーサー・C・クラーク賞受賞[5]
ガラスの宮殿 (The Glass Palace 2000)
The Hungry Tide (2004)
Sea of Poppies (2008) – 2008年ブッカー賞ショートリスト[6]
引用元:アミタヴ・ゴーシュ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9F%E3%82%BF%E3%83%B4%E3%83%BB%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A5

ラビンドラナート・タゴール(英語:Rabindranath Tagore、ベンガル語:ロビンドロナート・タクゥル রবীন্দ্রনাথ ঠাকুর、ヒンディー語:ラビーンドラナート・タークゥル रवीन्द्रनाथ ठाकुर(टगोर)、1861年5月7日 – 1941年8月7日)は、インドの詩人 、思想家である。詩聖(グゥルゥデーウ गुरुदेव)として非常な尊敬を集めている。1913年には『ギーターンジャリ』によってノーベル文学賞を受賞する[1]。これはアジア人に与えられた初のノーベル賞であった。
引用元:ラビンドラナート・タゴール – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%93%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%BF%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%AB