「大茴香」スターアニス「茴香」フェンネル セリ科のハーブ「アニス」「キャラウェイ」「フェンネル」「コリアンダー」

107vzXKoPC
「大茴香(だいういきょう)」や
「八角(はっかく)」などの別名
を持つ中国原産の香辛料は?
スターアニス(答)
コリアンダー
シナモン
カルダモン

連想
セリ科のハーブ
芳香の成分はアネトール
カレーやピクルスの風味付け
和名は茴香(ウイキョウ)
フェンネル(答)

連想
セリ科のハーブ
中南米ではシラントロ
中国では香菜
タイでバクチー
コリアンダー(答)

CIMG8504k4qK8V9rBF3i
次のハーブのうち
セリ科に属するものを
全て選びなさい
チャイブ ヒガンバナ科
フェンネル(答)セリ科
アニス(答)セリ科

キャラウェイ(答)セリ科
コリアンダ(答)セリ科
パセリ(答)セリ科
バジル シソ科
セージ シソ科
オレガノ シソ科
レモングラス イネ科

だいういきょう【大茴香】

モクレン科の常緑樹。インドシナ・中国南部原産。シキミと同属。果実は袋果が星状に配列した集合果。粉末を中国料理用の香料や健胃剤とする。八角。八角茴香。スター-アニス。
引用元:大茴香(ダイウイキョウ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E5%A4%A7%E8%8C%B4%E9%A6%99-556401#E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.9E.97.20.E7.AC.AC.E4.B8.89.E7.89.88

コリアンダー(coriander、学名:Coriandrum sativum L.)はセリ科の一年草である。
>一般には、英語に従って、果実や葉を乾燥したものを香辛料として「コリアンダー」(英語: coriander)と呼ぶほか、1990年代頃からいわゆるエスニック料理の店が増えるとともに、生食する葉を指して「パクチー」(タイ語: ผักชี)と呼ぶことが多くなった。
また、中華料理に使う中国語由来で生菜を「シャンツァイ」(中国語: 香菜; 拼音: xiāngcài)と呼ぶこともある。中華料理にも使われることから、俗に「中国パセリ」(英語: Chinese parsley)とも呼ばれることがあるが、パセリとは別の植物である。中国へは張騫が西域から持ち帰ったとされ[1]、李時珍の『本草綱目』には「胡荽」(こすい)の名で記載がある。
引用元:コリアンダー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC

シナモン(英:Cinnamon、学名:Cinnamomum verum、シノニムCinnamomum zeylanicum)とは熱帯に生育するクスノキ科の常緑樹の名、またその樹皮から作られる香辛料の名である。ニッキとも。また、生薬として用いられるときには桂皮(ケイヒ)と呼ばれる。特徴的な芳香成分はシンナムアルデヒド、オイゲノール、サフロールなど。
原産地は中国南部からベトナムのあたりにかけてと推測されている。熱帯各地ではばひろく栽培される。香り高く、『スパイスの王様』と呼ばれる[1]。
引用元:シナモン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%8A%E3%83%A2%E3%83%B3

カルダモン(英: cardamon, cardamom、学名:Elettaria cardamomum)は、ショウガ科の多年草である。和名は小荳蒄(ショウズク、「小豆蒄」とも書く)。カーダモンとも呼ばれる。
原産はインド、スリランカ、マレー半島。 カルダモンには変種や近縁別種が多く、現在市場に流通しているカルダモンにはマイソール、マラバール、セイロンなどがある[3]。そのため、原産地もインド、スリランカ、マレー半島と広範囲にある。ブラックカルダモン、グリーンカルダモンなどと色で呼び分ける場合もある。
最も古いスパイスのひとつ。ユーカリ油、樟脳、そしてレモン油の香りが入り混じったような樹脂系のさわやかで上品な香りがあり、「スパイスの女王(the queen of spices)」と呼ばれることがある。「高貴な香り」と形容されることも多い。
引用元:カルダモン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%80%E3%83%A2%E3%83%B3

フェンネル(英:Fennel、学名:Foeniculum vulgare)は、セリ科ウイキョウ属の多年草。和名はウイキョウ(茴香)、または、ショウウイキョウ(小茴香)。仏名はフヌイユ (fenouil)。
>アニスやスターアニス(トウシキミ)に似た甘い香りがある。芳香の主成分はアネトール(t-anethol、C6H4(OCH3)C3H5)。
引用元:フェンネル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB