「大局将棋」 804枚の駒を使う将棋 トリビアの泉で実際に対局

018gaJNKHp
江戸時代に考案された
209種類804枚の駒を使う
将棋は何?
究軍空天人
極局棋将大
大局将棋(答)
たいきょくしょうぎ

大局将棋(たいきょくしょうぎ)は最も多い駒数と盤面を持つ将棋であり、ボードゲーム(盤上遊戯)の一種である。 古将棋に位置づけられ、知られている将棋としては最大のものである。
>関西将棋会館内の将棋博物館で、1990年頃に未整理資料の中から発見された大橋家の古文書「大局将棋駒」の中に記載されている将棋である。江戸時代に考案されたと考えられているが、棋譜は現存しておらず、当時盤駒が作成された証拠もないため実際に指されたかどうかは不明。現在は復元された駒が2組あるのみで、そのうち1組は大阪商業大学に所蔵されている[1]。現在、「大局将棋駒」は関西将棋会館内の将棋博物館の閉館に伴い、大阪商業大学アミューズメント産業研究所に移管されたはずだったが、実際には移管されておらず、行方不明。閲覧が出来なくなっている。
>2004年5月19日放送のフジテレビ系『トリビアの泉』で、「将棋には804枚の駒を使うものがある」というトリビアが紹介されて、「大局将棋」が紹介された。更に、番組で、伊藤博文六段と安用寺孝功四段(段位はいずれも当時)による対局が行われた[2]。結果は対局時間32時間41分(3日間、ちなみに名人戦の持ち時間は各9時間)の末、3805手で先手安用寺の勝利。これが記録上、世界初の大局将棋の対局とされる。
引用元:大局将棋 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%B1%80%E5%B0%86%E6%A3%8B