「ストラップフォン」 ABiT社が開発した世界最小のPHS端末 フリスクサイズ

078WrgodOc
エイビット社が開発した
『世界最小・最軽量の電話機」
ストラップフォン(答)

ストラップフォンとは、FRISKのケースとほぼ同じサイズの超小型PHS[1]。初代のWX03Aが2012年に発売された後、ストラップフォン2としてWX06Aが発売されている。キャリアはウィルコム、ワイモバイル。
>ストラップフォンは、世界最小・最軽のPHSとして、「スマートフォンのストラップに付けて持ち運べる電話」というコンセプトのもと開発された[5]。クリアキーなどは省略されたほか、各ボタンは押しやすいよう工夫されている[4]。
引用元:ストラップフォン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3

hDXYJmk
「ストラップフォン2 WX06A」は、清涼菓子「フリスク」サイズで、世界最小最軽量(※1)の電話機「ストラップフォン WX03A」の後継機として開発されました。「ストラップフォン」はPHSの特長である省電力・小型化を活かし、従来ではつくり得なかった、ストラップとして取り付けることができるほどのサイズを実現しましたが、「ストラップフォン2」では新たにEメール機能が加わりました。また、「ストラップフォン」は1色のみでしたが、「ストラップフォン2」では、ホワイト、ピンク、ブラックのカラーバリエーションをそろえ、「フリスク」のポップでおしゃれなデザイン観を踏襲したものとなっています。
引用元:ストラップフォン2 WX06A | PHS関連製品 | 製品情報 | 株式会社エイビット http://www.abit.co.jp/product/phs/wx06a.html

ASCII.jpイチオシのスマートなフォン(notスマホ)「ストラップフォン2 WX06A」が(関連記事)、1年ちょっとの沈黙を破って「ストラップフォン2」になって帰ってきた! すでにフォトレビューをお送りしているが(関連記事)、今回はより突っ込んだチェックをまとめて紹介していこう。
>ストラップフォンのテンキーは極小で、初見の印象では「入力しにくい」と感じる人が多いだろう。実際にはその逆で、触ってみると妙に入力しやすく感じる。側面から見てみると、キーが盛り上がってるだけでなく、行間が用意されているのがわかる。また、行ごとに微妙に高さが異なっており、そのため指先でキーの違いを判別できるようになっている。実機を真横から見てみると、微妙な段差はわかっていれば気が付くレベルなのだが、指先の精密なセンサニングをよく把握したキー配列なのだ。
引用元:ASCII.jp:超小柄ながらも高性能な「ストラップフォン2」を使う理由 (2/2)|このスマホ、ホントに買い? 話題のスマホ徹底レビュー http://ascii.jp/elem/000/000/774/774627/index-2.html