「天国に結ぶ恋」 同名の曲・映画 坂田山心中事件から 良家子女の心中事件

131ElgLSYd
1932年5月9日
神奈川県大磯町坂田山
カップルの心中事件
悲恋を歌った曲から生まれた言葉
黄泉渡る恋
白亜の恋
この世ならぬ恋
天国に結ぶ恋(答)

CIMG4607
日中平和友好条約を締結
「白亜の恋」
大平内閣で外務大臣
息子の博之も政治家
柿澤弘治 かきざわこうじ
大野伴睦 おおのばんぼく「代議士は選挙に落ちればただの人だ」
園田直(答)そのだすなお「園田天光光」との恋
中山太郎 なかやまたろう
引用元:日本新党「小池百合子」「海江田万里」 新党さきがけ「鳩山由紀夫」「玄葉光一郎」 「新党さきがけ」第2代代表・井出正一 | わかればいいのに I wish I knew http://seethefun.net/%e7%a4%be%e4%bc%9a/9967/

『天国に結ぶ恋』(てんごくにむすぶこい)は、坂田山心中事件を題材に五所平之助が監督した1932年(昭和7年)公開の松竹映画。また、徳山璉・四家文子が歌った同名の主題歌。
>世の中がエロ、グロ、ナンセンス、政党政治の腐敗に伴うテロ事件などと、騒然としていましたね。そんな中で、何か死よりも清いものに対する憧れのようなものがあり……この事件もとにかくロマンチックな映画にしようと、その二人の純情な清い恋をうたいあげる、ということで作りました。ほかでかなりリアリスチックな映画に仕立てた所もありましたが、それはあまり受けなかったようです。私どものが受けて、その主題歌が今でも歌われているというのは、やはり清くロマンチックに作ったからだという気がしますね。
— 五所平之助、『証言 私の昭和史 1』
引用元:天国に結ぶ恋 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E5%9B%BD%E3%81%AB%E7%B5%90%E3%81%B6%E6%81%8B

坂田山心中事件(さかたやましんじゅうじけん)とは、1932年(昭和7年)5月に神奈川県中郡大磯町の坂田山で起きた心中事件及び心中女性死体盗難事件。
1932年5月9日午前10時、地元の青年が岩崎家所有の松林の中で若い男女の心中死体を発見した。男性は慶應義塾大学の制服姿で、女性は錦紗の和服姿の美人であった。前日の5月8日夜に現場に到着、昇汞水を飲んで服毒自殺を図ったものと思われた。
CYcPwCr
引用元:坂田山心中事件 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9D%82%E7%94%B0%E5%B1%B1%E5%BF%83%E4%B8%AD%E4%BA%8B%E4%BB%B6

国会議事堂の色が白亜でそこを舞台にしたからです。
(最近までは汚れていましたが外壁を洗ったので昔のように白くなったようです)
引用元:白亜の恋とはどういう意味ですか?園田天光光が民主党の妻子… – Yahoo!知恵袋 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1030616960