A「アルファ」 D「デルタ」 B「ブラボー」 C「チャーリー」 E「エコー」

026QbwdCXjPiVt
037ZAgVEyu
次のうち、NATOフォネティック
コードにある言葉を
全て選びなさい
アルファ(答)
ベータ
デルタ(答)
ガンマ
33%

zgCDWqw
引用元:Alphabet – Radiotelephony http://www.icao.int/Pages/AlphabetRadiotelephony.aspx

タイピング
無線通信などで聞き間違いを防ぐための和文通話表で「あ」は「◯◯のあ」と伝える?◯の漢字をひらがなで答えなさい
あさひ(答)
「朝日のあ」

xypvIaS
引用元:無線局運用規則 http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S25/S25F30901000017.html


無線通信などで聞き間違いを防ぐための和文通話表に基づいて「か」は「何のか」と伝達する?
為替(答)


無線通信などで聞き間違いを防ぐための和文通話表に基づいて「く」は「何のく」と伝達する?
クラブ(答)


無線通信などで聞き間違いを防ぐための和文通話表に基づいて「け」の「何のけ」と伝達する?
景色(答)


無線通信などで聞き間違いを防ぐための和文通話表に基づいて「こ」は「何のこ」と伝達する?
子供(答)


無線通信などで聞き間違いを防ぐための和文通話表に基づいて「し」は「何のし」と伝達する?
新聞(答)


無線通信などで聞き間違いを防ぐための和文通話表に基づいて「す」は「何のす」と伝達する?
スズメ(答)


無線通信などで聞き間違いを防ぐための和文通話表に基づいて「な」の「何のな」と伝達する?
名古屋(答)


無線通信などで聞き間違いを防ぐための和文通話表に基づいて「ぬ」の「何のぬ」と伝達する?
沼津(答)


無線通信などで聞き間違いを防ぐための和文通話表に基づいて「ふ」は「何のふ」と伝達する?
富士山(答)


無線通信などで聞き間違いを防ぐための和文通話表に基づいて「ま」は「何のま」と伝達する?
マッチ(答)

NATOフォネティックコード(英: NATO phonetic alphabet、仏: Alphabet phonétique de l’OTAN)は、欧文通話表のひとつ。無線通話などにおいて重要な文字・数字の組み合わせを正確に伝達するための、国際的な頭文字の規則の通称である。単にフォネティックコードとも言う。
このコードはNATO(北大西洋条約機構)だけでなく、ICAO(国際民間航空機関)、ITU(国際電気通信連合)、IMO(国際海事機関)、FAA(アメリカ連邦航空局)、ANSI(米国規格協会)などの諸機関でも使用されている。
文字と発音[編集]
アルファベットや数字を表現するための語の発音は、話者の言語習慣によって異なる場合がある。発音のゆれを防ぐために、ICAOは推奨する発音をポスターの形式で提供している。
引用元:NATOフォネティックコード – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/NATO%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%8D%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89

通話表(つうわひょう又はフォネティックコード)とは、無線電話で通信文の聞き間違いを防ぐために制定された規則である。
>和文通話表[編集]
無線局運用規則別表第5号に下表のように定められており、海上移動業務又は航空移動業務の無線電話通信において固有の名称、略符号、数字、つづりの複雑な語辞等を一字ずつ区切って送信する場合と、航空移動業務の航空交通管制に関する無線電話通信において数字を送信する場合は、この表を使用しなければならない(同規則第14条第3項)。また、それ以外の無線電話通信においても、語辞を一字ずつ区切って送信する場合は、なるべくこの表を使用することとされている(同条第4項)。
引用元:通話表 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%9A%E8%A9%B1%E8%A1%A8