音無しの構え『大菩薩峠』机龍之介の構え 相手と刃を合わせず音が鳴らないことから

051iVuJHwHxFw
中里介山の時代小説『大菩薩峠』
の主人公・机龍之介の有名な
構えは「◯◯◯の構え」?
ひらがな4文字で答えなさい
おとなし
「音無しの構え」

CIMG2691xXFWxLzodorS
浪士・机竜之助を主人公とした
長編小説『大菩薩峠』で有名な
明治生まれの作家は?
司介中山里
孝弘本村田
→中里介山
なかざとかいざん

『大菩薩峠』(だいぼさつとうげ)は、中里介山作の長編時代小説。1913年~1941年に都新聞・毎日新聞・読売新聞などに連載された41巻にのぼる未完の一大巨編。
幕末が舞台で、虚無にとりつかれた剣士・机竜之助を主人公とし、甲州大菩薩峠に始まる彼の旅の遍歴と周囲の人々の様々な生き様を描く。連載は約30年にわたり、話は幕末から明治に入らずに架空の世界へと迷い込み、作者の死とともに未完に終わった。
>机竜之助 – 武州沢井村出身の浪士。「音無しの構え」で知られる名うての剣客。連続辻斬り犯。失明してからは、ますます夜の通り魔殺人にのめり込む。
引用元: 大菩薩峠 (小説) – Wikipedia