綿矢りさ『インストール』『夢を与える』『勝手にふるえてろ』 金原(かねはら)ひとみ『星へ落ちる』『アッシュベイビー』

121fEfwWRI
次の小説を、作家ごとに
グループ分けしなさい

綿矢りさ金原ひとみ
インストール
星へ落ちる
夢を与える
アッシュベイビー
勝手にふるえてろ

XOTSJRv
引用元:インストール :綿矢 りさ|河出書房新社 http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309407586/

aMHvvzC
引用元:夢を与える :綿矢 りさ|河出書房新社 http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309411781/

OGQcOrx
引用元:文春文庫『勝手にふるえてろ』綿矢りさ | 文庫 – 文藝春秋BOOKS http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784167840013

HWzePiN
引用元:星へ落ちる| 金原 ひとみ| 集英社文庫(日本)|BOOKNAVI|集英社 http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_cd=978-4-08-746741-3&mode=1

HOvBgjG
引用元:アッシュベイビー| 金原 ひとみ| 集英社文庫(日本)|BOOKNAVI|集英社 http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_cd=978-4-08-746157-2&mode=1

綿矢 りさ(わたや りさ、本名:山田 梨沙〈やまだ りさ〉、1984年2月1日 – )は、日本の小説家。
2006年に長編第3作『夢を与える』を発表。早稲田大学教育学部国語国文学科卒業後は専業作家として活動している。2012年、『かわいそうだね?』で大江健三郎賞を最年少で受賞する。
筆名の「綿矢」は、姓名判断を参考に中学時代の同級生の姓「綿谷」から拝借したもの。
>京都市立紫野高等学校在学中の2001年、「インストール」で第38回文藝賞受賞。当時17歳であり、第18回(1981年)の堀田あけみ(『アイコ十六歳』)以来20年ぶりの最年少タイ記録として話題となった(その後2005年に当時15歳の三並夏が記録更新)[2]。同作品で2002年に第15回三島由紀夫賞候補。選考委員の福田和也、島田雅彦より高い評価を受ける。同作品の単行本は、2年後の芥川龍之介賞受賞や映画化の効果も相まって、2008年までに70万部が発行されるベストセラーとなった。
2002年、高校を卒業し、早稲田大学教育学部国語国文学科に自己推薦入試で入学(在学中は千葉俊二ゼミに所属)。大学在学中の2003年に『蹴りたい背中』で第25回野間文芸新人賞の候補となり、2004年に同作品で第130回芥川龍之介賞受賞(当時19歳)。金原ひとみ(当時20歳)「蛇にピアス」と同時受賞であり、それまでの最年少記録(第56回(1967年)・丸山健二の23歳0ヶ月)を大幅に更新。芥川賞受賞作と選評が掲載された月刊『文藝春秋』2004年3月号は、雑誌としては異例の初回刷80万部、最終的には118万5000部を記録し、それまで最高だった1990年12月号「昭和天皇独白録」収録号の105万部を抜き、最多発行部数を更新した。単行本は芥川賞受賞作としては1976年受賞の村上龍『限りなく透明に近いブルー』(131万部)以来、28年ぶりのミリオンセラーとなった。2004年末までの発行部数は127万部。
引用元:綿矢りさ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B6%BF%E7%9F%A2%E3%82%8A%E3%81%95

金原 ひとみ(かねはら ひとみ、1983年8月8日 – )は、日本の小説家。二人の娘とパリ在住。
>父は児童文学研究家・翻訳家・法政大学社会学部教授の金原瑞人。
>小説を書き始めたのは12歳の時。15歳のころリストカットを繰り返す[1]。中学3年生の時、父が法政大学で開いていたゼミに、「めいっ子の高校生」として参加。20歳の時、周囲の勧めを受けてすばる文学賞に応募した。
2003年、「蛇にピアス」で第27回すばる文学賞を受賞。
2004年、同作で第130回芥川賞を綿矢りさと共に受賞。翌年に集英社の担当編集者と結婚。
引用元:金原ひとみ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E5%8E%9F%E3%81%B2%E3%81%A8%E3%81%BF