【葉菜】ニンニク・アスパラガス【根菜】くわい【果菜】ササゲ・オクラ

112nJmRetk
次の野菜を
主に食用にする部位による
分類でグループ分けしなさい
【葉菜類】ニンニク
【根菜類】クワイ
【果菜類】ササゲ

エフェクト
おせち料理によく入っています
慈姑
くわい(答)

四択
「芽が出る」という意味で縁起物としておせち料理に入れられるのは?
くわい(答)

[分類]
 農学における分類では,野菜は園芸作物の中に含まれ,さらに利用する部分によって,葉菜類(キャベツ,ホウレンソウ,レタス,セロリなど),根菜類(ダイコン,カブ,ニンジン,ゴボウなど),果菜類(キュウリ,カボチャ,トマト,ナスなど)に分けられる。アスパラガスやウドのように茎を利用するもの(茎菜類)やカリフラワーのように花茎や花序を利用するもの(花菜類)もあるが,これらは葉菜類に含めることが多い。
引用元:葉菜類(ヨウサイルイ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E8%91%89%E8%8F%9C%E9%A1%9E-652963

こんさい‐るい【根菜類】

主として根茎・球根などを食用にする野菜。ダイコン・ニンジン・ハスなど。根野菜。
引用元:根菜類(コンサイルイ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E6%A0%B9%E8%8F%9C%E9%A1%9E-506089

果菜類

 野菜の中で,果実または種実を食用にするもの,例えば,ナス,トマト,ピーマン,キュウリ,インゲンマメ,エンドウなど.
引用元:果菜類(かさいるい)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E6%9E%9C%E8%8F%9C%E9%A1%9E-228903

ササゲ(大角豆、学名:Vigna unguiculata、英: Black-eyed pea)はササゲ属の一年草。つる性の種類とつるなしの種類とがある。アフリカ原産。主に旧世界の温暖な地方で栽培される。樹木の形状は低木であり、直立ないし匍匐する。枝を張ったり、からみついたりと、成育の特性は多彩。
>赤飯。お祝い用の赤飯にはササゲを使う。小豆は煮ると皮が破れやすく、「腹切れする豆は切腹に通じる」として、武士の間で嫌われたため。
引用元:ササゲ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%B5%E3%82%B2

VSKeaRH
引用元:ササゲ 「けごんの滝」|商品情報いろいろ検索|タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ http://www.sakataseed.co.jp/product/search/code00927077.html

クワイ(慈姑、学名:Sagittaria trifolia L. ‘Caerulea’)は、オモダカ科の水生多年草であるオモダカの栽培品種である。別名(田草、燕尾草、クワエ)ともいう。歴史が古いことや葉の形から、地方では様々な呼び方がされている[2]。
>クワイの語源は、収穫した外観が農機具の鍬(クワ)に似ていることから「鍬芋」(くわいも)と呼ばれたのが、転訛してクワイになったという説[3]や、河芋(かわいも)が変化したという説やクワイグリから転じた等の伝承がある。
日本へは平安初期に中国から伝来したという説、16世紀に朝鮮半島より伝わったという説がある。
引用元:クワイ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AF%E3%82%A4

KXxiTXI
くわいは蓮根と同様に水圧を利用して塊茎を浮き上がらせて収穫する。ほとんどが手作業の為大変である。洗浄、選別を経て市場に出回るくわいにそれなりの値段がつくのは納得できる。目が出る食材はおせちには欠かせない。
引用元:福山産くわいの収穫風景 – 寮管理人の呟き http://blog.goo.ne.jp/tanezaka/e/6432782b1ab43951c7b2d011c7544d4e

ニンニク(蒜、大蒜、葫、忍辱[2]、学名:Allium sativum)はユリ科ネギ属の多年草で、球根(鱗茎)を香辛料として用いる。
日本ではニンニクやノビル(野蒜)など鱗茎を食用とする臭いの強い(ネギ属の)植物を総称して蒜(ひる)と呼んでいたが、特にノビルと区別する場合にはオオヒル(大蒜)とも称した。生薬名は大蒜(たいさん)。語源は困難を耐え忍ぶという意味の仏教用語の「忍辱」とされる。
5月頃に白い小さな花を咲かせるが、栽培時には鱗茎を太らせるために花芽は摘み取る。摘み取った茎は柔らかい物であれば野菜として利用される。
一般的に見かけるニンニクは分球ニンニクがほとんどであるが、一片種と呼ばれる中国のプチニンニクなどの品種もある。
ジャンボニンニクあるいは無臭ニンニクと呼ばれるものはニンニクとは別種であり、リーキ(ポロネギ)の1変種である。
>日本では日本記念日協会が鹿児島県の健康食品メーカーの申請を認可し、2月29日を「にん(2)に(2)く(9)の日」として登録した。4年に1度だけの記念日で、日本各地でにんにくに関するイベントが催される[21]。
引用元:ニンニク – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%83%8B%E3%82%AF

KKpsSmR
同じ日に掘り起こしたニンニクです。 画像左から葉が7枚、8枚、9枚と並べて成長度を比べてみたところ、やはり葉の数が多い方が 肥大化しています。
引用元:にんにく栽培法 収穫前から始める大球の育て方 分化期 in にんにくや店長のニンニク通信 http://www.e-ninniku.com/hpgen/HPB/entries/100.html

健康補助食品の通信販売で知られる鹿児島県鹿児島市に本社を置く会社が「にん(2)に(2)く(9)」の語呂合せで、2月29日を「にん(2)に(2)く(9)の日」として登録しました。4年に1度だけの記念日ですが、日本各地でにんにくに関するイベントが催されます。

 ニンニクといえば、青森県田子産が有名ですが、栽培農家数も青森県が多いのでしょうか?農林水産省の調査結果からみてみましょう。

 下は、にんにく作付(栽培)農家数をグラフにしたものです。1位が青森県(2997戸)、2位福島県(1500戸)、3位岩手県(1157戸)、4位長野県(1085戸)と続きますが、1位の青森県は2位の福島県の倍近くも栽培農家数が多いことが分かります。
引用元:2月29日  ニンニクの日|なるほど統計学園 http://www.stat.go.jp/naruhodo/c3d0229.htm