兵庫県産牛肉「三田牛(さんだぎゅう)」「但馬牛(たじまぎゅう)」 三重県産「松阪牛(まつさかうし)」 岩手県産「前沢牛(まえさわうし)」秋田県産「三梨牛(みつなしぎゅう)」

057vrwYDcr
次のうち、兵庫県産の牛肉を
全て選びなさい
三田牛(答)さんだぎゅう
但馬牛(答)たじまぎゅう
美夢牛 北海道 びーむぎゅう
松阪牛 三重県 まつさかうし
前沢牛 岩手県 まえさわうし

CIMG7986QWMCPCgrdXuP
秋田県湯沢市で生産されて
いる高級黒毛和牛です
三梨牛
みつなしぎゅう(答)

CIMG5756BScCINKfkKKw
焼き肉の希少な部位で
アバラとアバラに挟まって
いるのは○○カルビ?
(画像選択肢)
A足袋の画像
B下駄の画像(答)「ゲタカルビ」

1227YsNgJYTLun
次の牛肉の部位のうち
「サーロイン」にあたるのは?
ptaLbrK
引用元:お肉の部位の特徴|おいしいレシピ – エバラ食品 http://www.ebarafoods.com/recipe/nyuumon/parts.php
引用元:牛肉の部位「フィレ」大腰筋「サーロイン」腰肉 肩ロース・リブロース・サーロイン・ランプ・しんたま・テール ミノ・ハチノス・センマイ・ギアラ | わかればいいのに I wish I knew http://seethefun.net/%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab/5235/

三田牛(さんだぎゅう)は、但馬牛として生まれ育った子牛を三田肉流通推進協議会が指定した生産農家が家畜市場で入手し肥育した牛、およびそれを三田食肉センターで解体処理し同協議会の基準に合格した牛肉を指す。 牛肉として流通する段階では「三田肉」との呼称となるが、飲食店などで供される段階では「三田牛」との名称も見られる。
>但馬牛の子牛を、三田肉流通振興協議会が指定した生産農家(多くは兵庫県三田市とその周辺に分布)で25ヶ月以上育成し、三田食肉センターで解体処理した月齢30ヶ月以上の牛を「三田牛」と定義している。
引用元:三田牛 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E7%94%B0%E7%89%9B

ブランド名 三田肉/三田牛
肥育地域 三田地域
兵庫県産但馬牛をもと牛として、三田近郊の農家が高度な肥育技術を駆使するとともに三田の自然環境にめぐまれ、武庫川の清流に影響される土壌等が複雑にからまって三田牛/三田肉が作りあげられる。その品質は見事な霜降りをもち柔かく繊細で、濃密なうま味と最高の評価を得ている。
ブランド推進主体
名称 三田肉流通振興協議会
代表者名 会長 福井徳忠
所在地 〒651-1511 兵庫県神戸市北区長尾町宅原11番地(三田食肉公社内)
引用元:産地銘柄牛肉検索システム http://jbeef.jp/brand/view.cgi?id=98

但馬牛(たじまうし)は、兵庫県産の黒毛和種の和牛のこと。このうち、神戸肉流通推進協議会による基準を満たして生産され、同協議会が定める格付け基準を満たした牛肉を、但馬牛(たじまぎゅう)という。
>奇跡の4頭[編集]
絶滅したと思われた純血種が、兵庫県美方郡香美町小代区の最奥にある集落・熱田に奇跡的に4頭だけ生き残っていた。 陸の孤島と言われるほどの地形が幸いし、他の村からも遠く離れていたため外国種との交配を免れていた。 この4頭の純血種を元に但馬牛は復活していく。
>現在[編集]
現在の但馬牛はすべて、兵庫県美方郡香美町小代区で生まれ育った名牛「田尻」号の子孫である。社団法人全国和牛登録協会の調べによると、2012年2月現在、全国の黒毛和牛の繁殖メス牛のうち、99.9%が「田尻」号の子孫である[1]。但馬牛(たじまうし)からとれる牛肉は資質・肉質が良いため、但馬牛(たじまうし)は松阪牛(三重県)や近江牛(滋賀県)の素牛となっている。また、前沢牛(岩手県)、仙台牛(宮城県)、飛騨牛(岐阜県)、佐賀牛(佐賀県)などのように、但馬牛の血統を入れることで牛の品種改良が行われていることも多い。 また、他地域の品種との交配も行わず、限られた雄牛の精子のみを受精させることで血統の純化、改良が進められ、蔓(つる)と呼ばれる系統がつくられている。(あつた蔓、ふき蔓、よし蔓の3つの代表的な蔓牛がある。)
引用元:但馬牛 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%86%E9%A6%AC%E7%89%9B

ブランド名 但馬牛(但馬ビーフ) たじまぎゅう
肥育地域 兵庫県
・兵庫県産(但馬牛)は、兵庫県内で生産される優れた但馬牛をもと牛として、熟練した農家が高度な肥育技術を駆使してつくりだした牛肉です。 ・この兵庫県産(但馬牛)のうちBMS等級が6以上の牛肉が「神戸ビーフ」となります。繁殖から肥育生産者、流通業者を指定登録し、一貫した組織体制を構築しています。
ブランド推進主体
名称 神戸肉流通推進協議会
代表者名 会長  喜多 太見男
所在地 〒651-2145 兵庫県神戸市西区玉津町居住88
引用元:産地銘柄牛肉検索システム http://jbeef.jp/brand/view.cgi?id=101

美夢牛(びーむぎゅう)
美夢牛は大雪連峰の麓でおいしい水と空気でホルスタイン種(乳用種)を愛情こめて肉用牛として育てた牛です。
引用元:美夢牛のホームページ コンテンツ http://www.beamsya.com/contents.htm

ブランド名 美夢牛
肥育地域 美瑛町
美瑛の観光名所「パッチワークの路」や「セブンスターの木」のすぐそばに美夢舎はあります。冬は厳しくも美しい一面の銀世界、夏は色鮮やかな花や畑に囲まれ北海道の豊かな自然の空気の中で育っている牛です。
ブランド推進主体
名称 (有)美夢舎
代表者名 代表取締役 上田 利政
所在地 〒071-0224 北海道上川郡美瑛町字北瑛2
引用元:産地銘柄牛肉検索システム http://jbeef.jp/brand/view.cgi?id=178

松阪牛(まつさかうし)は、但馬牛の他、全国各地から黒毛和種の子牛を買い入れ、三重県松阪市及びその近郊で肥育された牛。品種としての呼称ではない。正式な読みは「まつさかうし」とされる[1]が、三重県では一般に「まつさかぎゅう」と呼ばれている[2]。日本三大和牛の1つ。「肉の芸術品」の異名を持ち、霜降り肉になっているのが特徴である[3]。
2002年(平成14年)8月19日以前は「松阪牛」全てが高級銘柄牛肉であり、そのため「松阪牛」という単語自体が高級牛肉の意味を持つこともあったが、以後は区域内の生産であれば格付けが低いものまで「松阪牛」との呼称が許され、全てが最高級とは限らなくなっている[4]。松坂牛(まつざかぎゅう)は誤記[5]。
引用元:松阪牛 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E9%98%AA%E7%89%9B

ブランド名 松阪牛
肥育地域 松阪市をはじめ雲出川、宮川流域の旧22市町村と旧松阪牛生産者の会会員
松阪牛は、消費者の方々に安全、安心な松阪牛を提供することを目的に、生産から流通までの情報を管理する「松阪牛個体識別管理システム」を平成14年8月から運用しています。このシステムは肥育における情報を管理するとともに販売においては「松阪牛シール」「松阪牛証明書」を発行しています。これらに記載された個体識別番号をインターネットなどで検索するとシステムで管理されている36項目の情報をご覧いただくことが出来ます。そして出荷時にはDNA検査に対応できるよう検体を採取保管しています。また、兵庫県から子牛を導入し、伝統の肥育技術によって900日以上の長期肥育「特産松阪牛」はキメの細かいサシと不飽和脂肪酸の割合が高く脂肪融点が低く、肉の芸術品として賞賛されています。
ブランド推進主体
名称 松阪牛協議会
代表者名 会長 山中光茂
所在地 〒515-8515 三重県松阪市殿町1340番地1(松阪市農林水産部 農林水産課)
引用元:産地銘柄牛肉検索システム http://jbeef.jp/brand/view.cgi?id=89

前沢牛(まえさわうし、まえさわぎゅう)は、岩手県奥州市前沢区で肥育された黒毛和種の和牛が、一定の規格を満たした場合に呼称を許されるブランド牛肉。岩手ふるさと農業協同組合(JA岩手ふるさと)の登録商標。
引用元:前沢牛 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%8D%E6%B2%A2%E7%89%9B

ブランド名 前沢牛
肥育地域 岩手県奥州市前沢区内
「味の芸術品」ともいわれる前沢牛 北国の自然豊かな風土と牛飼いの牛への愛情が育んだ、香り高い上質な牛肉が「至福」のときをお届けします。  牛に与える餌は農家それぞれオリジナルの配合を行っており、我が家の牛にあった飼養管理を確立し、まさに「職人芸」ともいうべき肥育技術により高品質な牛肉が生み出されています。  その結果、全国肉用牛枝肉共励会において、全国最多の通算5度の名誉賞(日本一)を受賞しております。
ブランド推進主体
名称 岩手前沢牛協会
代表者名 会長 小沢 昌記(岩手県奥州市長)
所在地 〒029-4208 岩手県奥州市前沢区字七日町裏71
引用元:産地銘柄牛肉検索システム http://jbeef.jp/brand/view.cgi?id=36

特選 三梨牛
(とくせん みつなしぎゅう)
Webの駅ゆざわ–秋田県湯沢市地域情報動画配信サイト(観光情報)–湯沢の見どころ–稲川エリア–三梨牛 秋田県湯沢市稲川のわずか14件の飼育農家が生産している黒毛和牛で、年間約250頭しか生産されていない三梨牛。柔らかく甘みのある肉質が高級和牛として、高い評価を受けています。

栗駒山系の湧水を地下から汲み上げ、稲藁、乾草、そのほか22種類に及ぶ良質な飼料を混ぜ合わせた「三梨配合」といわれるこの地域独特の22種類の飼料を配合したものを、 気象条件や牛の状態に合わせて与えています。さらにストレスを与えないように大自然の中でのびのびと大事に育てられています。
引用元:Webの駅ゆざわ–秋田県湯沢市地域情報動画配信サイト(観光情報)– http://www.yuzawamarugoto.com/menu_01/inakawa/mitsunashigyu/mitsunashigyu.html

ブランド名 三梨牛(みつなしぎゅう)
肥育地域 秋田県湯沢市三梨町及び川連町(旧稲川町)
肉質がやわらかく、甘みがあり風味豊かな高級牛肉です。
ブランド推進主体
名称 三梨牛肥育組合
代表者名 組合長 後藤 庄策
所在地 〒012-0106 秋田県湯沢市三梨町字上堀187-2
引用元:産地銘柄牛肉検索システム http://jbeef.jp/brand/view.cgi?id=194