米料理「アランチーニ」「チェブジェン」「ナシゴレン」「キムパプ」 パン料理「エッグベネディクト」「チビート」

116gLMCmrc
CIMG3976
次の料理を
当てはまるものごとに
グループ分けしなさい
【米料理】アランチーニ、チェブジェン、ナシゴレン、キムパプ
【パン料理】エッグベネディクト、チビート

アランチーニ(イタリア語:arancino(単)arancini(複))はシチリアとナポリ名物のライスコロッケ。形がオレンジに似ていることからアランチーニ(小さなオレンジ)と呼ばれる。ナポリのものはアランチーニ・ディ・リゾ(arancini di riso、「米の小さなオレンジ」)またはパッレ・ディ・リゾ(palle di riso、「米の団子」)とも称される。ローマでは、スプリ(suppli)と呼ばれる。
引用元:アランチーニ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%8B

qqVlZtg
引用元:シチリア風アランチーニ(ライスコロッケ)のレシピ | シェフごはん https://chefgohan.gnavi.co.jp/card/detail/1574/

チェブジェン(Thieboudienne)は、アフリカ大陸西岸、セネガルの料理の一つ。ウォロフ語で、「チェブ」は米、「ジェン」は魚を意味する。その名の通り、魚の煮汁で炊いた、ピラフにも似た米料理。アフリカ料理の中で最も洗練されているといわれるセネガル料理でも、最もセネガル人が誇りとする料理である。
引用元:チェブジェン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%96%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3
PuIyKfV
引用元:ファイル:Thie Bou Djeun.jpg – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Thie_Bou_Djeun.jpg

エッグベネディクト(英語: Eggs Benedict)は、イングリッシュ・マフィンの半分に、ハム、ベーコンまたはサーモン等や、ポーチドエッグ、オランデーズソースを乗せて作る料理である。
>エッグベネディクトの発祥には諸説ある。
『ザ・ニューヨーカー』のコラム『Talk of the Town(街の話題)』での、ウォールストリート株式仲買人レミュエル・ベネディクトへの、彼の亡くなる前年である1942年のインタビューによると[1]、1894年にウォルドルフホテルを訪れ、二日酔いを直すために『バターを塗ったトースト、ポーチドエッグ、カリカリに焼いたベーコンと一口分のオランデーズ』を注文した。「ウォルドルフのオスカー」として知られる支配人のオスカー・チルキー (Oscar Tschirky) がこの料理に感銘し、ベーコンとトーストをハムとイングリッシュ・マフィンに替えて、朝食とランチのメニューに採用した。[2]
引用元:エッグベネディクト – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%99%E3%83%8D%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AF%E3%83%88

ysGAKAd
引用元:超絶簡単に失敗ナシでエッグベネディクトのポーチドエッグが作れる「パーフェクトポーチ」を使ってみた – GIGAZINE http://gigazine.net/news/20150204-perfect-poach-tovolo/

ナシゴレン、ナシ・ゴレン(インドネシア語、マレーシア語:nasi goreng)は、インドネシアおよびマレーシアの焼き飯料理である。
インドネシア語、マレー語で、nasiは「飯」、gorengは「揚げる」の意味である。実際には炒めて作るが英語の「fried rice」と同じ用法といえる。 
現地では代表的な料理であり、具や調味料を変えたさまざまなバリエーションのものが作られる。見た目は日本で見るチャーハンとあまり変わらないこともあるが、主な特徴は、サンバル、ケチャップマニス、トラシもしくはブラチャン[1]など現地特有の調味料を使うこと、ニンニクや唐辛子(サンバルに入っているものも含む)を使うことなどが挙げられる。動物性の食材としては鶏肉、牛肉、エビなどが使われることが多いが、豚肉に関してはムスリムの多い両国では、ヒンドゥー教徒が多いインドネシアのバリ島などを除きあまり使われることはない。
引用元:ナシゴレン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%82%B7%E3%82%B4%E3%83%AC%E3%83%B3

vPyeVCR
引用元:LOHACO – 炒めごはんの素 ナシゴレン 80g(2人前) 8182398 無印良品 http://lohaco.jp/product/9017813/

チビート(スペイン語:chivito)とはウルグアイとアルゼンチンの料理である。名称はスペイン語で「ヤギ」を意味する名詞「チーボ」(chivo)に縮小辞「-ito」がついたもので、「小さなヤギ」または「子ヤギ」を意味する。
>バンズに肉をはさんだハンバーガー風の料理であり、チュラスコで焼いた薄いステーキのような肉と野菜の他、必ずオリーブの実を挟むのが特徴である。特にモンテビデオでは大変ポピュラーであり、ベーコンやチーズを挟んだものや、目玉焼きを挟んだものもある。ウルグアイではハンバーガーの代わりによく食べられているが、ハンバーガー以上に食べ応えがある。名称と異なり、普通ヤギ肉は使われない。
引用元:チビート – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%88

keMpviQ
引用元:FoodNote(【ウルグアイ】チビート風おうちバーガー) https://s.aeontown.jp/foodnote_20130611_h.php

キムパプ(Gimbap,김밥)は、朝鮮の海苔巻きのこと。キムは「海苔」、パプは「ご飯」の意。韓国語の発音をカタカナ表記すると「キンバプ(kimbɐp̚)」または「キンパプ(kimp͈ɐp̚)」[1]に近い。朝鮮では、1月15日に海苔でご飯を巻いた具無しのキムパプをナムルと共に食べれば、目が良くなるという俗説がある。
引用元:キムパプ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%A0%E3%83%91%E3%83%97

IEjWkaF
引用元:ファイル:Korean.food-Kimbap-03.jpg – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Korean.food-Kimbap-03.jpg