「メレリオ・ディ・メレー」フランスのジュエラー マリー・アントワネットの御用達

096ANvOWDm
次の文字列を順に選んで
17世紀初めに創業された
フランスのジュエリーブランド
の名前にしなさい
メレ
リオ
ディ
メレー
「メレリオ・ディ・メレー」
Mellerio dits Meller

メレリオ・ディ・メレー【MELLERIO dits MELLER】

メレリオ・ディ・メレー社の基幹ブランド。高級宝飾品、時計の製作・販売。1613年の創業以来14代にわたってその伝統を守り続けてきた、グランサンク(パリ5大宝飾店)のひとつ。フランス、ヨーロッパはもとより、ロシア、ラテンアメリカ、アジアの王室、皇室を顧客に持ち、魅了し続けてきた。マリー・アントワネットも顧客の一人だった。時計の分野でも有名で、メレリオのメゾンのシンボルともいうべき「ラ・グランド・ヌフ」など、マニア垂涎の逸品が並ぶ。本社はフランス、パリ。
引用元:メレリオ・ディ・メレーとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%A1%E3%83%AC%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%BB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BB%E3%83%A1%E3%83%AC%E3%83%BC-1493790

Mellerio dits Meller is a French jewellery house, founded in 1613, and still active today. It claims to be the oldest family company in Europe.[1] It gives its name to the Mellerio cut, a 57-facet jewel cut, shaped as an oval within an ellipse.[2] Today Mellerio is based in rue de la Paix, Paris, with branches in Luxembourg and Japan. It is a member of the Comité Colbert and also of Les Hénokiens, an international club made up of family companies over 200 years old. Directors François and Olivier Mellerio are the fourteenth generation to run the family business.
引用元:Mellerio dits Meller – Wikipedia, the free encyclopedia https://en.wikipedia.org/wiki/Mellerio_dits_Meller

メレリオ・ディ・メレー
五大宝飾店などとよく訳される「グランサンク(Les Grand Cinq)」という言葉、正しくは「フランス高級宝飾店協会」のことで、間違っても「世界五大宝飾店」などと訳すものではない。
>正確にはパリのヴァンドーム広場と「ラ・ペ通り」にある5つの老舗ジュエラーを指すのもので、そのメンバーは創業年度の古い順に、メレリオ・ディ・メレー(1613年)、ショーメ(1780年)、モーブッサン(1827年)、ブシュロン(1858年)、ヴァン クリーフ&アーペル(1906年)の5社。
>「ショーメ」や「ブシュロン」などに比べると日本での知名度は低いが、1613年の創業以来400年の歴史を誇る「メレリオ・ディ・メレー」は、「フランス高級宝飾店協会」の宝石商の中でも最も歴史のあるジュエラーであり、14代にわたってヨーロッパで最も古い家族企業を存続させるべく、最高級品創造の精神、創意工夫、先祖代々の技術を父から子へと受け継がれている。
引用元:メレリオ・ディ・メレー http://www.team-lens.com/heartstrings/2013/august/2013_0823.html