「とうかさん大祭」広島三大祭のひとつ 「住吉祭」「胡子大祭」

010vOMBYeJuQz
毎年6月にある広島三大祭り
の一つは◯◯◯◯◯大祭?
とうかさん
「とうかさん大祭」
稲荷山

とうかさんは広島県広島市にある日蓮宗の寺院、福昌山 慈善院 圓隆寺(ふくしょうざん じぜんいん えんりゅうじ)のこと。または、毎年6月に行われる同寺院の総鎮守である稲荷大明神の祭礼。旧本山は、京都鞍馬口妙覚寺。奠師法縁(奠統会)。
>圓隆寺は1619年(元和5年)、浅野長晟が僧・慈善院日音上人を開山に招聘して創建した。寺の別名であり、毎年行われる夏祭りの名称でもある「とうかさん」とは、当寺の鎮守であり、法華経を守護するとされる稲荷大明神のことで、稲荷を「とうか」と音読みしたのがその語源である。
引用元: とうかさん – Wikipedia

広島に初夏の訪れを告げるお祭り「とうかさん」
大祭は毎年六月の第一金曜から三日間くり広げられる。
「とうかさん」とは広島市中区三川町円隆寺の境内に祭られる稲荷大明神(とうかだいみょうじん)のこと。
稲荷を(いなり)とよまず、音読みで(とうか)とよんだのが名の由来と言われている。
引用元: ひろしま文化大百科 – とうかさん

五鳥神社相殿に祀る住吉神の祭りの曵船。7月26日夕、若連中が各地区から曵船を出し、大提灯20張り、ほおずき提灯50張りで飾った三艘がそろったところで、笛・太鼓・鉦で勇壮に囃して宮上りする。
引用元: ひろしま文化大百科 – 住吉祭の曵船

広島地方に冬の訪れを告げる胡子神社(広島市中区胡町)の秋季大祭。約400年の伝統を誇り、とうかさん、住吉さんと並ぶ広島三大祭りの一つ。毎年11月18日から20日まで行われる。商売繁盛の守り神とあって、付近の商店街は年に一度誓文払い大売り出しをするのが昔からのならわし。
引用元: ひろしま文化大百科 – えびす講