「伊集院大介」栗本薫が生んだ名探偵

160IIEmMqT
161IMMZVoI
日本の推理小説に
登場する名探偵で
法月綸太郎の生みの親は
法月綸太郎ですが

伊集院大介の生みの親は?
法月綸太郎
殊能将之
島田荘司
栗本薫(答)

湯川学の生みの親は?
東野圭吾(答)

NRdqiMo
新宿で発見された少女三人の死体は、血を抜き取られ、バラバラに継ぎ合わされていた。その東京ヴァンパイヤ事件同様の猟奇事件が日本各地で勃発。少女たちの間で秘かに流行する「ゾディアック・カード」との関連は? 謎のバンド「ゾディアック」のライブで何が!? 魔人シリウス復活の予感に、伊集院大介は戦慄する。ミュージカル・スターになった竜崎晶が次なる標的に!? そして宿敵との最終決戦に挑む、名探偵伊集院大介!
引用元:『真・天狼星ゾディアック 全6冊合本版』(栗本薫)|講談社BOOK倶楽部 http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784064215020

連想
本名は「山田純也」
京都大学法学部出身
『密室教室』で作家デビュー
作者と同名の探偵を活躍させる
法月綸太郎(答)のりづきりんたろう

連想
京都大学教育学部出身
本名は「内田直行」
『十角館の殺人』で作家デビュー
館シリーズ、殺人鬼シリーズ
綾辻行人(答)あやつじゆきと

連想
『絃の聖域』で初登場
宿敵はシリウス
山科正信らとともに活躍
栗本薫が生んだ名探偵
伊集院大介(答)

連想
『雪密室』で初登場
警視庁に勤める父親とともに活躍
本業は推理小説家
法月綸太郎が生んだ名探偵
法月綸太郎(答)

連想
『怪盗グリフィン、絶体絶命』
『密閉教室』
『一の悲劇』『ニの悲劇』
『生首に聞いてみろ』
法月綸太郎(答)

連想
かつてはバドミントン部のエース
帝都大学理工学部の助教授
『容疑者Xの献身』などに登場
東野圭吾の小説で活躍
湯川学(答)ゆかわまなぶ

連想
『美濃牛』で初登場
有限会社ダム・オックスの取締役
助手のアントニオとともに活躍
殊能将之が生んだ名(?)探偵
石動戯作(答)いするぎぎさく

連想
『ネジ式ザゼツキー』
『龍臥亭事件』
『斜め屋敷の犯罪』
『占星術殺人事件』
島田荘司(答)しまだそうじ

連想
『占星術殺人事件』で初登場
友人の石岡和己とともに活躍
現在はウプサラ大学の教授
島田荘司が生んだ名探偵コナン
御手洗潔(答)みたらいきよし

法月 綸太郎(のりづき りんたろう、1964年10月15日[1] – )は、日本の小説家・推理作家・評論家。本名山田 純也(やまだ じゅんや)。島根県松江市出身[1]。京都市在住。島根県立松江北高等学校、京都大学法学部卒業[1][2]。新本格派ミステリー作家の代表的な一人。2013年から、本格ミステリ作家クラブ第4代会長。
>京大推理小説研究会出身で[2]、我孫子武丸、綾辻行人らと交流がある。
協和銀行勤務を経て[1]、1988年に『密閉教室』で江戸川乱歩賞の第二次選考を通過し、島田荘司の推薦でデビューした。
引用元:法月綸太郎 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B3%95%E6%9C%88%E7%B6%B8%E5%A4%AA%E9%83%8E

栗本 薫(くりもと かおる、1953年2月13日 – 2009年5月26日)は、日本の女性小説家、評論家。日本SF作家クラブ会員、日本推理作家協会員、日本ペンクラブ会員、日本文藝家協会員、日中文化交流協会員。
代表作は『グイン・サーガ』、『魔界水滸伝』、『伊集院大介』シリーズなど。『グイン・サーガ』は序盤が英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロシア語、韓国語に翻訳されている。
また、中島 梓(なかじま あずさ)名義で、評論活動や作詞作曲、ピアノ演奏、ミュージカルの脚本・演出なども手がけた。本名は今岡 純代、旧姓は山田。夫は『S-Fマガジン』第6代編集長を務め、天狼プロダクションを経営する今岡清。母方の又従兄弟(祖父の姉の孫)に 梶原一明(経済評論家)がいる。
引用元:栗本薫 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A0%97%E6%9C%AC%E8%96%AB

伊集院 大介(いじゅういん だいすけ)は、栗本薫の推理小説「伊集院大介シリーズ」などに登場する架空の探偵。
>色白、痩せてひょろひょろとした長身。手足や首は細長く、やや猫背で、多少ガニ股気味。細面でややみそっ歯。ほっそりとした鼻柱、秀麗な額、長い前髪。銀ぶち眼鏡の奥からは優しく人懐っこい目がのぞき、いつもにこにこととぼけたような笑顔を浮かべている(『絃の聖域』)。その容貌は、中学時代からほとんど変わらないが、初老となった現在では、長い前髪に白いものが混じるようになり、眼鏡もふちなしのものをかけるようになった(『六月の桜』)。若いころはさだまさしに似ているといわれたが、年齢を重ねるとともに、それほど似ていないといわれるようにもなった。
引用元:伊集院大介 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E9%9B%86%E9%99%A2%E5%A4%A7%E4%BB%8B

殊能 将之(しゅのう まさゆき、1964年1月19日 – 2013年2月11日[1])は、日本の推理作家。
>福井県出身。福井県立藤島高等学校卒業。
名古屋大学理学部中退後、編集プロダクションに勤めるが、その後退職。
1999年に『ハサミ男』で第13回メフィスト賞を受賞してデビュー。
断片的な情報以外一切の個人情報を明かさない覆面作家である[2]。ペンネームは、『楚辞』の一編、屈原「天問」の“殊能将レ之”(しゅのうもてこれをひきいたる=特殊な才能でこれ“軍勢”を率いる)という言葉からとられた[3]。
引用元:殊能将之 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AE%8A%E8%83%BD%E5%B0%86%E4%B9%8B

島田 荘司(しまだ そうじ、1948年10月12日[1] – )は、日本の小説家、推理作家。ロサンゼルスと吉祥寺に居を構えていたが、現在は日本にほぼ在住している。
>広島県福山市に生まれる[1]。広島県立福山誠之館高校、武蔵野美術大学商業美術デザイン科を卒業[2][3]。ダンプカーの運転手、ライター、ミュージシャンなどを経て、1981年に名探偵御手洗潔が登場する『占星術殺人事件』(投稿時の題名は『占星術のマジック』)が江戸川乱歩賞最終候補作品となり小説家としてデビューする[4]。
主な作品に御手洗潔シリーズ、吉敷竹史シリーズがある。吉敷竹史シリーズはTBS系で『警視庁三係・吉敷竹史シリーズ』としてドラマ化されている。その他死刑、冤罪、日本人論、文明論を扱った作品も執筆している。2015年12月現在、御手洗潔シリーズの国内累計総部数は532万5千部に到達している(海外翻訳版、コミカライズ、角川書店分がはノーカウント)[5]。
引用元:島田荘司 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B3%B6%E7%94%B0%E8%8D%98%E5%8F%B8