「ブラウン神父」 チェスタトンの推理小説に登場する探偵

020PfTuajKTNE
チェスタトンの推理小説に
登場するアマチュア探偵は
「ブラウン神父」である

×隅の老人

CIMG2260jsbEyeWYKpce
次のミステリ小説の登場人物を
それを生んだ作家ごとに
グループ分けしなさい

バロネス・オルツィA・バークリー
ロジャー・シェリンガム
A・チタウィック
レディ・モリー
隅の老人

ギルバート・ケイス・チェスタトン(英: Gilbert Keith Chesterton、1874年5月29日 – 1936年6月14日)はイギリスの作家・批評家。ディテクションクラブ初代会長。また Keith はキースとも表記される[1]。
>1874年、ロンドン・ケンジントンに生まれる。セント・ポール校、ついでスレイド美術学校に学ぶ。詩人、随筆家、批評家、作家として活躍している。推理作家としても有名で、カトリック教会に属するブラウン神父が遭遇した事件を解明するシリーズが探偵小説の古典として知られている。
>1936年に死去し、その葬儀はウェストミンスター大聖堂で行われた(このときカトリックの聖職者として葬儀を執り行ったのは、推理作家として有名なロナルド・ノックスである)。
引用元: ギルバート・ケイス・チェスタートン – Wikipedia

イギリスの推理作家
ロナルド・ノックスが生んだ
保険調査員を務める探偵は
マイルズ・◯◯◯◯◯?
パリスゼル
ドジェドト
ブレーナー
→ブリードン
「マイルズ・ブリードン」
Miles Bredon

推理小説を書く上でのルール
となる「十戒」を発表した
ことで有名なイギリスの作家は
ロナルド・○○○○?
ンーットス
ラマノクバ
→ノックス
「ロナルド・ノックス」
引用元: マイルズ・ブリードン ロナルド・ノックスが生んだ探偵 「ノックスの十戒」 | わかればいいんだけど

連想
ヘルキュール・フランボウが協力
『青い十字架』で初登場
ギルバート・チェスタートン
セント・マンゴウ教会に所属
→ブラウン神父

連想
『フェンチャーチ街の謎』で登場
ABCショップ
女性新聞記者ポリー・バートン
作者はバロネス
→隅の老人