「野間」宏『青年の環』で「ロータス賞」受賞 「マグサイサイ賞」アジアのノーベル賞 英国自動車会社ロータス「ロータス・エリート」「エラン」「エリーゼ」

071gAXZqdk
『青年の環』『真空地帯』
などの代表作がある
第一次戦後派の作家は◯◯宏?
◯を答えなさい
のま(答)
野間宏

「ロータス」つながりと「アジアのノーベル」つながりを復習しましょう。


文字パネル アジア・アフリカ作家会議が毎年授与している「アジアのノーベル文学賞」の別名がある文学賞は◯◯◯◯賞?
ロータス(答)
「ロータス賞」

文字パネル
ハス科の植物の葉の表面を研究することで材料工学に取り入れられた、撥水加工技術は「◯◯◯◯効果」?
ロータス(答)
「ロータス効果」

CIMG3786
1964年に元岡山県知事の三木行治
が日本人として初めて受賞した
「アジアのノーベル賞」と
呼ばれる賞は◯◯◯◯◯◯賞?
ネンリマロ
サイバグナ
マグサイサイ(答)
「マグサイサイ賞」

CIMG9178PEvKnpPsFPVF
次のイギリスの自動車メーカー
ロータスの乗用車を
初代モデルが製造されたのが
古い順に選びなさい
ロータス・エリート
ロータス・エラン
ロータス・エリーゼ

野間 宏(のま ひろし、1915年(大正4年)2月23日 – 1991年(平成3年)1月2日)は日本の小説家、評論家、詩人。長編小説を多く書き、社会全体の構造をとらえる全体小説を志向した。また、最晩年まで社会的な発言を多く行ったことでも知られている。
>1952年、『真空地帯』で毎日出版文化賞を受賞。
>1971年、『青年の環』で谷崎潤一郎賞を受賞。
1973年、『青年の環』がロータス賞を受賞。
1974年、「日本アジア・アフリカ作家会議」の初代議長に選出される。
引用元:野間宏 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8E%E9%96%93%E5%AE%8F

野間宏
のまひろし

[生]1915.2.23. 神戸
[没]1991.1.2. 東京
小説家。第三高等学校を経て,1938年京都大学仏文科卒業。 41年補充兵として入隊,フィリピンに送られたが思想犯として逮捕され,その間の体験が『真空地帯』 (1952) を生んだ。 46年,第2次世界大戦前の革命運動とエゴイズムの葛藤を描いた『暗い絵』の成功で戦後文学の代表作家となったが,その後,社会的,政治的行動性を回復し,多様な角度から人間を描く総合小説を試みて『地の翼』 (55~57) ,『さいころの空』 (58~59) ,『わが塔はそこに立つ』 (60~61) などを書き,大作『青年の環』 (47~71) を完成した。
引用元:野間宏(のまひろし)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E9%87%8E%E9%96%93%E5%AE%8F-112461

青年の環  全五冊
野間 宏
舞台は日中戦争下の大阪.市役所に勤め部落更生事業に打ちこみつつ左翼運動に関係する矢花正行と,政治運動から脱落した友人大道出泉を対極の主人公として,政治関係や社会関係,友人・女性・家族関係等が細緻に描かれてゆく.全体小説をめざし,二十三年の歳月をかけて完成した八千枚の長篇. (解説 篠田一士)
引用元:青年の環 https://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/31/9/310913+.html

野間宏/著 

木谷上等兵は二年の刑を終え原隊に戻ってきた。なぜ自分が無実の罪に問われたか、誰が自分を陸軍刑務所に突き落したのか? 

木谷上等兵は二年の刑を終え原隊に戻ってきた。なぜ自分が無実の罪に問われたか、誰が自分を陸軍刑務所に突き落したのか? 秘密のカギを握る者は誰だ、そして真の“犯人”は! 巧みな構成の展開にしたがい“秘密”の核心は軍法会議、すなわち天皇制絶対主義のからくりに集約される。戦後はじめて、軍隊機構の末端である兵営の緻密な描写を通して、日本軍国主義を批判した問題作。
引用元:野間宏『真空地帯』(電子書籍)|新潮社 http://www.shinchosha.co.jp/ebook/E612301/

デジタル大辞泉プラスの解説
ロータス賞

アジア・アフリカ作家会議が主催する国際文学賞。1969年創設。第1回受賞者は、南アフリカの作家、アレックス・ラ・グーマ。日本からは、野間宏(1971年)、堀田善衛(1978年)、立松和平(1985年)、小田実(1988年)らが受賞。
引用元:ロータス賞(ろーたすしょう)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%82%B9%E8%B3%9E-1440926

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説
マグサイサイ賞
まぐさいさいしょう
Ramon Magsaysay Award

アジアの地域社会に貢献した個人や団体を表彰する賞。フィリピンの大統領ラモン・マグサイサイの功績をたたえて設立された。正式名称はラモン・マグサイサイ賞。アジアの「ノーベル賞」ともいわれている。1957年3月に突然の事故によって、49歳で死去したマグサイサイの清廉で正義感に富んだ政治姿勢や多くの功績を後世に伝えるため、ロックフェラー・ブラザーズ基金(本部・アメリカ、The Rockefeller Brothers Fund)の出資で1957年4月に設立されたラモン・マグサイサイ賞財団(Ramon Magsaysay Award Foundation、RMAFと略される)によって運営されている。マグサイサイ賞はアジア地域が抱える社会的課題の解決や平和と連帯などの公共における業績や成果を重視し、6部門の賞を設けている。
> 1958年の第1回表彰以来、おもな受賞者に第14代ダライ・ラマ(1959年受賞、社会指導)や、マザー・テレサ(1962年受賞、平和・国際理解)などがいる。黒澤明(1965年受賞、報道・文学・創造的情報伝達)、緒方貞子(おがたさだこ)(1997年受賞、平和・国際理解)など、日本人の受賞者も多い。[編集部]
引用元:マグサイサイ賞(マグサイサイショウ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%9E%E3%82%B0%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%B5%E3%82%A4%E8%B3%9E-633664

ロータス効果(ロータスこうか、英: Lotus effect)は、材料工学において、ハス科の植物に見られる自浄性を指す用語。ハス効果とも。
蓮(ハス、英: lotus)は泥の多い池や沼を好むが、その葉や花はきれいな状態を保つ。ヒンドゥー教では蓮華は純粋さや善性の象徴とされ、中国や日本では「蓮は泥より出でて泥に染まらず」と言い習わして、やはり蓮を愛してきた[1]。 ハスの葉を研究した植物学者により、そこに天然の自浄機構が備わっていることが発見された。
なお、「Lotus-Effect」と「ロータスエフェクト」は登録商標である[2][3]。
引用元:ロータス効果 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%82%B9%E5%8A%B9%E6%9E%9C

エリート(Elite )は、イギリスの自動車メーカー、ロータスが製造・販売していたスポーツカーである。
初代が1957年から1963年まで、2代目が1974年から1982年まで製造されたが、両車に直接的なつながりはない。
引用元:ロータス・エリート – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%88

エラン(Elan )は、イギリスのスポーツカーメーカー・ロータスが1962年から1975年まで、また1989年から1995年まで製造していた乗用車である。
引用元:ロータス・エラン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%A9%E3%83%B3

エリーゼ(タイプ111、Elise )とはイギリスの自動車メーカー・ロータスの製造するロードスター型の軽量スポーツカーである。
>ロータスが開発したエリーゼは1995年のフランクフルトショーでデビューした。翌1996年から販売が開始され、エンジンのバリエーションや派生車種の追加などを受けながら、2001年にモデルチェンジされた。このモデルチェンジを境にフェイズ1とフェイズ2、あるいはマーク1(Mk1)とマーク2(Mk2)、シリーズ1(S1)とシリーズ2(S2)のように呼び分けられている。2004年にはトヨタよりエンジンの受給を開始し、さらにモデルバリエーションが増やされた。2010年に再びフェイスリフトが行われ、搭載されるエンジンやトランスミッションが変更された。
引用元:ロータス・エリーゼ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BC