「チャパティー」インドの不発酵パン 主に家庭で 「ナン」発酵パン タンドール釜 「チャイ」インド北部 ミルクティー

060sMhRzqQ
インド料理のひとつ
インドのパン
発酵させずに焼く
手軽に作れる庶民の食べ物
チャツネ
ナン
サモサ
チャパティー(答)

「発酵」の有無がポイントですね。

CIMG0777MiRiHabWlfhy
次のうち、「タンドール」という
釜に貼り付けて焼く、インドの
パンはどっち?
(画像出題)
Aナン(答)
Bチャパティ

◯×
インドやネパールで主食とされる、練った小麦粉を発酵させずに焼いたパンは、チャパティである。
◯(答)
×ナン


インド料理のひとつ
インド北部で好まれる
砂糖で味付け
ミルクティー
チャツネ
サモサ
チャイ(答)
ラッシー

インドのパンといえばまず最初に思い浮かべるのがナンでしょうか? 日本の皆さんはインド人の主食はナンであるとお考えの方が多いようですが、実はナンはインド人にとってレストランで食べるもの、あるいはお店からtake outするものです。

では、インド人は普段なにを食べているのか? おおざっぱに言えば、北インドではチャパティ、南インドではライスを食べることが多いです。
引用元:インドのパン | インド人シェフのブログ http://blog.chefhariom.com/?eid=610978

ナン(ペルシア語、ウルドゥー語、ウイグル語 نان‎ nān ナーン、ヒンドゥスターニー語 nān / नान / نان ナーン、タミル語 நான் nān、英語 naan/nan ナーン/ナン)は、インド、パキスタン、中央アジアのタジキスタン、中国新疆ウイグル自治区、ウズベキスタン、アフガニスタン、イラン、クルディスタンなどで食べられるパンである。
語源はペルシア語。平たく楕円形で、大きな草履のような独特の形をしていて、所々ぽこぽこ膨れているものが多い。インドのものは他国と異なり、二等辺三角形あるいはへら型をしている。パキスタンやウイグルのナンは丸いものが多い。ウイグルのギルデ・ナン(girde nan)は中央に穴があいており、形はベーグルとよく似ている。
小麦粉と塩、水、酵母を主材料とし、国によってはヨーグルト、牛乳、油脂、時には鶏卵、少量の砂糖、スパイス類も入ることがある[1]。
引用元:ナン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%B3

チャパティ(チャパーティー 英語:Chapati ウルドゥー語:چپاتی ヒンディー語:चपाती)は、インド、パキスタン、バングラデシュ、アフガニスタンにおけるパンのひとつ。南アジアからの移民の影響で、東アフリカにも普及している。ロティの一種。
直径12cm程の円形で、薄いクレープのような形状をしている。アーター(Atta、ヒンディー語:आटा)と呼ばれる全粒粉と水を捏ねて生地を作り、発酵させずに薄い円形にのばして焼いたものである。タワー(Tava तवा)という円形の鉄板などで焼いてから、直火で焼くと膨らむ。タワーはフライパンで代用できるし、直火焼きも一般的なガスコンロでも可能である。
引用元:チャパティ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%91%E3%83%86%E3%82%A3

チャツネ / チャトゥニー(英語:chutney、ヒンディー語:chatni चटनी 、ダリー語: چاشنی)は、南アジア・西アジアを中心に使われているソース、またはペースト状の調味料。豆と各種スパイスで作る日本のふりかけに類似したものもある。名前はヒンディー語で「舐める」を意味する「チャートゥナー(चाटना)」に由来する。各家庭ごとに独自のレシピがあり、味は多様である。
引用元:チャツネ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%84%E3%83%8D

サモーサー 又はサモサ(ウルドゥー語:سموسہ、ヒンディー語:समोसा、英語:samosa)は、インド料理の軽食のひとつ。
具材には、ジャガイモ、タマネギ、エンドウ豆、レンズ豆や、羊の挽き肉が加えられ、ゆでてつぶした具をクミンやコリアンダーシード、ターメリックなど各種の香辛料で味付けし、小麦粉と食塩と水で作った薄い皮で三角形(三角錐が多い)に包み、食用油でさっくりと揚げたもの。チャツネをつけたりスープをかけて食べることもある。
引用元:サモサ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%A2%E3%82%B5