ニナリッチの香水「ベル・ドゥ・ミニュイ」「プルミエジュール」「クール・ジョア」「レール・デュ・タン」「レベル・ドゥ・リッチ」

028HPhSGoC
ベル・ドゥ・ミニュイ  Belle de Minuit「真夜中の美少女」
プルミエジュール Premier Jour「最初の日」
クール・ジョア Coeur Joie「喜びの心」
レール・デュ・タン L’air du tamp「時の流れ」
ジバンシーの香水
グッチの香水
ニナリッチの香水(答)
ランバンの香水

ベル・ドゥ・ミニュイは2000年に限定発売された香水のようです。関連を合わせて復習しましょう。

CIMG4854
鳩がデザインされた
キャップでおなじみの
「時の流れ」という意味の
ニナリッチの香水は?
レールデュタン(答)

CIMG9014bjEoTSiBpdnB
次のうち、ニナ・リッチの
香水を全て選びなさい
レール・デュ・タン(答)
ユリリック・デ・バレン(ulric de varens)
レベル・ドゥ・リッチ(答)
ドゥシ・ドゥラ(答)
クール・ジョア(答)
ベビードール(イブ・サンローラン)

CIMG6610
「アマゾン」「カレーシュ」
などの香水を発売するブランドは
シャネルである
✕(答)
◯エルメス

ニナ・リッチ(Nina Ricci)は、フランスのファッションブランド。1932年にイタリア人デザイナー、マリア・ニナ・リッチ(Maria Nina Ricci)とその息子のロベルトがフランス・パリで創業した。
>1932年にトリノ出身のイタリア人マリア・ニナ・リッチ(Maria Nina Ricci、1883年-1970年)がパリで創業した。 マリアは製品を仕上げる際、デッサンを行わず、生地を直接顧客にあてカットしていた。 洗練されたロマンティックなデザイン、そしてすべてのコレクションフェミニンな印象を与えるデザインで、ニナ・リッチはすぐに有名になった。
>1946年、ロベールは香水部門を立ち上げ、初製品となる香水、クール・ジョア(Coeur Joie)を開発した。 1948年には、ニナ・リッチの代表作であり、現在までトップセールスを記録するレール・デュ・タン(L’Air du Temps)を発表した。 そして、いくつもの航空会社の制服がニナ・リッチによってデザインされた。 1950年代に入ると、マリアは70歳近くの高齢になり、徐々にデザイナーとして活動しなくなり、1959年にデザイナーを正式に引退した。 ロベールは新たなチーフ・デザイナーとして、ベルギー人のジュール=フランソワ・クラエー(Jules-Francois Crahay)を選出した。 1963年、クラエーはニナ・リッチを去り、ランバンへ移籍した。
引用元:ニナ・リッチ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%8A%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%81

Jules-François Crahay
>Jules-François Crahay (1917–1988) was a Belgian-born French fashion designer who worked for the houses of Nina Ricci (1952–1963) and Lanvin as head designer (1963–1983).[1] He won the Neiman Marcus Fashion Award in 1962.[2]
引用元:Jules-François Crahay – Wikipedia, the free encyclopedia https://en.wikipedia.org/wiki/Jules-Fran%C3%A7ois_Crahay

コメント

  1. だっち より:

    こんにちは。
    クラエーについて教えて下さい。