ブリア・サヴァラン『美味礼讃』「お菓子サヴァラン」 オーギュスト・エスコフィエ「ピーチ・メルバ」「コースの概念」 ベルナール・ロワゾー「キュイジーヌ・ア・ロー(水の料理)」 アントン・カレーム「コック帽を考案」

031qcrRZBP
お酒を使ったお菓子
フランス革命でアメリカに亡命
フランスの法律家・政治家
著書『美味礼讃』
ブリア・サヴァラン(答)
アントナン・カレーム
ポール・ボキューズ
ジョエル・ロブション


独皇帝が「料理の皇帝」と激賞
フレンチにコースの概念を導入
ピーチ・メルバを考案
ロッシーニ・ステーキを考案
アントナン・カレーム
オーギュスト・エスコフィエ(答)
ブリア・サヴァラン
ベルナール・ロワゾー


「キュイジーヌ・ア・ロー」
フランスの料理人
ラ・コート・ドールで活躍
2003年に自宅で謎の死
ベルナール・ロワゾー(答)

連想
著書『19世紀のフランス料理術』
ケーキのシャルロットを考案
元々はタレーランに仕えた料理人
コックの被る長い帽子を考案
アントナン・カレーム(答)

CIMG5980
次のうち、東京にあるフランス料理の
レストランを全て選びなさい
エノテカ・ピンキオーリ(名古屋、イタリア料理)
ジョエル・ロビュション(答)(恵比寿、六本木ほか フレンチ)
ブノワ(答)(青山 フレンチ)

CIMG1004NSdCRcwLFGte
次のうち、東京にあるフランス料理の
レストランを全て選びなさい
クーダイニング(鹿児島、フレンチ)
エノテカ・ピンキオーリ(名古屋、イタリア料理)
ブノワ(答)(青山 フレンチ)

ジャン・アンテルム・ブリア=サヴァラン(Jean Anthelme Brillat-Savarin [ʒɑ̃ ɑ̃tɛlm bʁija savaʁɛ̃], 1755年4月1日 – 1826年2月2日)はフランスの法律家、政治家。ただし、何にもまして『美味礼讃』を著した食通として有名である。本来の姓は「ブリア」(実際には「ブヒヤ」に近い発音)だが、サヴァランという女性が全財産を相続させる条件として自分の名前を受け継ぐことを要求したため、「ブリア=サヴァラン」を名乗った。
>もっとも有名な著作である『美味礼讃』は1825年、死の2ヶ月前に出版された。原題は直訳すると『味覚の生理学、或いは、超越的ガストロノミーをめぐる瞑想録 文科学の会員である一教授によりパリの食通たちに捧げられる理論的、歴史的、時事的著述』である。
引用元:ジャン・アンテルム・ブリア=サヴァラン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%AB%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%AA%E3%82%A2%EF%BC%9D%E3%82%B5%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%A9%E3%83%B3

サヴァラン (savarin) は、フランスの焼き菓子。ブリオッシュを切って紅茶味のシロップを染み込ませて冷やしたものにラム酒やキルシュをかけ、生クリームや果物で飾りつけたもの。また、ブリオッシュ生地を直径18〜23cmのドーナツ形の型に入れて発酵させてから焼き、キルシュ風味のシロップをしみ込ませたもの。
>元々はサントノーレの生みの親ともいわれるパティシエ、オーギュスト・ジュリアンの考案による菓子であり[1]、「ババ」と呼ばれていたが、フランスの有名な食通、ブリア=サヴァランにちなみ改名された。しかし、フランスやベルギーの洋菓子店などでは、ババ・オ・ロム(baba au rhum)というのが一般的である。
引用元:サヴァラン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%A9%E3%83%B3

(レシピ、画像あり)
SAVARINは仏のGASTRONOME(食通、美食家)であるBRILLAT-SAVARINの名に由来する菓子と言われている。PATE A BABA/PATE A SAVARINをMOULE A SAVARINで焼き上げ、SIROPを充分にしみ込ませる。これにCONFITURE D’ABRICOTSを塗り、CREME CHANTILLYやMACEDOINE DE FRUITS等で飾り付けられる。SIROPで食べさせるシンプルな菓子である。
引用元:パティスリー・アンシエンヌ・フランセーズ > SAVARIN http://www.cakechef.info/patisserie/patisserie_ancienne/01/cake/023/index.html#top

A rum baba or baba au rhum is a small yeast cake saturated in hard liquor, usually rum, and sometimes filled with whipped cream or pastry cream. It is most typically made in individual servings (about a two-inch-tall, slightly tapered cylinder) but sometimes can be made in larger forms similar to those used for Bundt cakes.

The batter for baba is even richer than brioche batter,[citation needed] and includes eggs, milk and butter.
>The original form of the baba was similar to the babka, a tall, cylindrical yeast cake (babka is still cooked in Poland and in Polish communities over the world). The name means “old woman” or “grandmother” in the Slavic languages; babka is a diminutive of baba.
>In 1844, the Julien Brothers, Parisian pâtissiers, invented the “Savarin”, which is strongly inspired by the baba au rhum but is soaked with a different alcoholic mixture and uses a circular (ring) cake mould instead of the simple round (cylindrical) form. The ring form is nowadays often associated with the baba au rhum as well, and the name “Savarin” is also sometimes given to the rum-soaked circular cake.
引用元:Rum baba – Wikipedia, the free encyclopedia https://en.wikipedia.org/wiki/Rum_baba

ジョルジュ・オーギュスト・エスコフィエ(Georges Auguste Escoffier、1846年10月28日 – 1935年2月12日)は、フランスのシェフ。
>エスコフィエの改革は料理そのものに止まらず、シェフという職に、残忍さや酩酊に代わり、規律と節制という気風を持ち込み、シェフ職の社会的地位の向上に貢献したことが功績の1つに数えられている。また、厨房各々のセクションにシェフ・ド・パルティ(chef de partie、部門シェフ)を置くシステム「ブリゲード・ド・キュイジーヌ」を発案、自身の厨房を再編した。一度にすべての料理を供するサービスが主流だったフランス料理に、コースメニューを導入した事でも知られている。
引用元:オーギュスト・エスコフィエ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%AE%E3%83%A5%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%A8

ピーチ・メルバ(英:Peach Melba)とは、1892年か1893年か1894年に、ロンドンのサヴォイ・ホテル (Savoy Hotel) の料理長だったオーギュスト・エスコフィエによって考案されたデザート[1][2]。フランス語で言うとペーシュ・メルバ(Pêche Melba)。
>バニラ・アイスクリームの下地にバニラ・シロップ漬けの桃を乗せ、ラズベリー・ソース(すり潰した木苺)、アーモンドのスライスを掛けたデザートで、オーストラリアの歌手ネリー・メルバがコヴェント・ガーデンでローエングリンを演じた時、エスコフィエを公演に招待した。その返礼としてエスコフィエはメルバに、ローエングリンにちなんだ趣向を凝らした特別製のデザートを供した。[3][4][5]。このデザートをメルバが気に入り名前を尋ねたところ、エスコフィエが「ピーチ・メルバと呼ばせて頂ければ光栄です。」と答えたとされることが名前の由来とされている[3]。
引用元:ピーチ・メルバ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%BB%E3%83%A1%E3%83%AB%E3%83%90

ベルナール・ロワゾー(Bernard Loiseau、1951年1月13日 – 2003年2月24日)は、フランスの料理人・実業家。
バターを使ったこってりとした料理からの脱却を目指し、ヌーヴェル・キュイジーヌの影響もうけながら、素材の味を引き出すことに重点を置いた。バターやクリーム、オイルなど排除し、肉などの焼き汁を水でデグラセしてソースを作った彼の料理を、自らキュイジーヌ・ア・ロー(水の料理)と呼んだ。
>しかし、2003年に突然自宅で自殺を図った。原因は不明だが、レストランガイドの評価を気にしたと噂された[誰?]。某番組では、ミシュランガイドとは別のレストランガイドで、かなりの低評価を受け、その影響で彼自身のレストランにて銃で自殺を図ったと紹介された[要出典]。 彼の死後直後に発行されたミシュランガイドでは星3つを維持していたことが判明した。
引用元:ベルナール・ロワゾー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%AF%E3%82%BE%E3%83%BC

マリー=アントワーヌ(アントナン)・カレーム(Marie-Antoine(Antonin)Carême, 1784年6月8日 – 1833年1月12日)はフランスのシェフ・パティシエ。フランス料理の発展に大きく貢献し、当時は「国王のシェフかつシェフの帝王」と呼ばれていた。今日、カレームはいわゆる「有名シェフ」のさきがけ的人物として知られている。
>カレームがフランス料理に与えた影響は幅広い。例えば、彼はフランス料理のコックのかぶる帽子や新たな鍋などを考案している。またカレームは、ベースとなるソースによって全てのソースを4つの基本ソース(ソース・アルマンド、ソース・ベシャメル、ソース・エスパニョール、ソース・ヴルーテ)に基づき分類した事でも知られている。また、カレームによる新しいフランス料理は帝政ロシアの上流階級の食文化にも影響を与えた。
カレームは料理の考案や作成のみならず著作にも情熱を燃やし、フランス料理レシピの百科事典的な書籍をいくつかものにしている。1833年から34年にかけて全5巻(最後の2巻はカレームの弟子の手になる)が刊行された「19世紀のフランス料理術」はカレームの著作の中でも特に有名であり、本の中でカレームは何百ものレシピやテーブルセッティングを披露している。
引用元:アントナン・カレーム – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%A0