『宇宙英雄ペリー・ローダン』複数作家による長編小説 かつてギネス記録

146zlzRict
「世界最長の小説シリーズ」と
してギネス世界記録に認定
されている、ドイツのSF小説は
『宇宙英雄◯◯◯◯◯◯◯◯』?
リ・ダペーンロー
ペリー・ローダン(答)

『宇宙英雄ペリー・ローダン』(うちゅうえいゆうペリー・ローダン、Perry Rhodan)は、1961年にドイツで刊行が開始され、2013年5月時点でなお刊行中の、SFとしては世界最長のスペースオペラ小説シリーズ。草案作家のシノプシスに沿って、複数作家による執筆がなされているリレー小説で、ヘフト[1]で週刊発行されている。2009年時点で15億部を越え、2013年時点での初版発行部数は10万2千部、実売6万3千部。以前は複数版が存在したが、現在では初版のみの発行である。
>初代草案作家の Karl-Herbert Scheer(K・H・シェール、1928年 – 1991年)が著した第1巻「Unternehmen Stardust(スターダスト計画)」(1961年9月8日刊行)によって第1サイクル「Die Dritte Macht(第三勢力)」が始まった。ここまでゲスト作家を含め30人以上の作家によって書き継がれてきている。2011年6月には第2600巻が刊行された。本編の他に、第2シリーズとも呼ばれた『アトラン・シリーズ』全850巻、外伝とも言うべき『ペリー・ローダン・ポケットブックス』(かつては「ペリー・ローダン惑星小説」シリーズと呼ばれていた)といったサイドストーリー・シリーズなどがある。
>かつてギネスブックには、「世界最長の小説シリーズ」として記録されていた(現在は未掲載)が、実際は、同じドイツで7年早く、1954年より刊行開始されているミステリーシリーズ「ジェリー・コットンシリーズ」(Bastei-Lübbe社)が最長で、本シリーズより200巻ほど長い。
>あらすじ[編集]
1971年6月、アメリカはペリー・ローダン少佐をはじめとする4名の宇宙飛行士を搭乗させた、人類初の有人月宇宙船スターダストを打ち上げた。ローダンをはじめとする宇宙飛行士達は、月面に不時着していた高度な文明を持つ異星種族アルコン人と遭遇する。アルコン人との接触に成功したローダン一行は、地球に帰還後、アルコン人の協力の下で「第三勢力」を作り、列強諸国の介入や地球の存在を知った銀河航行種族の攻撃を退けて地球統一政府を成立させる。
引用元:宇宙英雄ペリー・ローダン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E5%AE%99%E8%8B%B1%E9%9B%84%E3%83%9A%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%B3

1971年7月に第1巻『大宇宙を継ぐ者』でスタートした〈宇宙英雄ローダン・シリーズ〉は、7月8日発売の『テラナー』で、ついに第500巻を迎えます。
世界最長のスペースオペラをここまで継続できたのは、ひとえに読者のみなさまがたの熱いご支援のたまものと感謝しております。
さらには、単独で200巻以上もの翻訳を続けられた初代訳者の松谷健二氏、300巻以上ものカバーと插絵を描いてくださった依光隆氏の功績があったからこそですし、松谷氏の後任の訳者の方々、依光氏の後任の工藤稜氏のおかげでもあります。

この第500巻の後半6章で、ここまでの簡単なローダンと人類(テラナーたち)の歴史、すなわち、第1話から第999話までのあらすじをたどっていますので、かつてローダン・シリーズを読んでいた方でしたら、第500巻からまた読みはじめることもできます。
引用元:〈宇宙英雄ローダン・シリーズ〉第500巻、ついに刊行! http://www.hayakawa-online.co.jp/new/2015-07-06-120057.html