「立夏」GWの頃「みどりの日」「こどもの日」「憲法記念日(憲法を施行)」「端午の節句」

112WOBRgWb
次の映像から連想される月に
あるのはどれ?
(動画出題)
母と子の画像
114hXmfonP
115LOndQAW
芒種
立夏(答)
穀雨
夏至

季節節月二十四節気読み太陽黄経『暦便覧』の説明
1月立春りっしゅん02月04日ごろ315°春の気たつを以て也
1月雨水うすい02月19日ごろ330°雪氷とけて雨水となれば也
2月啓蟄けいちつ03月05日ごろ345°ちぢまる虫、穴をひらき出れば也
2月春分しゅんぶん03月21日ごろ日天の中を行て昼夜等分の時也
3月清明せいめい04月05日ごろ15°万物発して清浄明潔なれば、
3月穀雨こくう04月20日ごろ30°春雨降りて百穀を生化すれば也
4月立夏りっか05月05日ごろ45°夏の立つがゆへ也
4月小満しょうまん05月21日ごろ60°万物盈満すれば草木枝葉繁る
5月芒種ぼうしゅ06月06日ごろ75°芒ある穀類、稼種する時也
5月夏至げし06月21日ごろ90°日の長きのいたりなるを以て也
6月小暑しょうしょ07月07日ごろ105°大暑来れる前なれば也
6月大暑たいしょ07月23日ごろ120°暑気いたりつまりたるゆえんなれば也
7月立秋りっしゅう08月08日ごろ135°初めて秋の気立つがゆへなれば也
7月処暑しょしょ08月23日ごろ150°陽気とどまりて、初めて退き
8月白露はくろ09月08日ごろ165°露にごりて白色となれば也
8月秋分しゅうぶん09月23日ごろ180°陰陽の中分となれば也
9月寒露かんろ10月08日ごろ195°露むすび凝らんとすれば也
9月霜降そうこう10月24日ごろ210°霜となりて降るゆへ也
10月立冬りっとう11月07日ごろ225°冬の気立ち初めて
10月小雪しょうせつ11月22日ごろ240°雨も雪となりてくだるがゆへ也
11月大雪たいせつ12月07日ごろ255°雪いよいよ降り重ねる折からなれば也
11月冬至とうじ12月21日ごろ270°日南の限りを行て日の短きの至りなれば也
12月小寒しょうかん01月05日ごろ285°陰気に逆らう故益々冷る也
12月大寒だいかん01月21日ごろ300°冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也

雑節名読み太陽黄経説明
節分せつぶん2月3日頃立春の前日「恵方巻き」
彼岸ひがん3月16日頃「彼岸の入り」春分の日前後3日の計7日
八十八夜はちじゅうはちや5月2日頃立春から88日目『茶摘』
入梅にゅうばい6月11日頃80°芒種後最初の壬(みずのえ)「黄梅の雨」
半夏生はんげしょう7月2日頃100°夏至の10日後「田植えの終わり」
土用どよう7月20日頃「土用の入り」117°「夏の終わり」立秋の前18日間「鰻」
二百十日にひゃくとおか9月1日頃「立春」から210日目「台風襲来」「風祭り」

CIMG2208nPfcZcXqpotR
「国民の祝日」の中で
日本国憲法が公布された日に
ちなんで制定されたのは
「憲法記念日」である
×(答)
○「文化の日」

CIMG1835SuvXnTpdchkk
連想
二十四節記のひとつ
太陽の黄経は150度
毎年8月23日ごろ
暑さが後退しはじめる
小暑
夏至
大暑
処暑(答)
077oEBzhvHhhE
次の二十四節気のうち
現在の暦で6月にあるものを
1つ選びなさい
×小満   5月21日ごろ
×立夏   5月5日ごろ
○夏至   6月21日ごろ
×小暑   7月7日ごろ
○芒種   6月6日ごろ
×処暑   8月23日ごろ
引用元:上半期の二十四節気「穀雨(4/20)」「立夏(5/5)」「小満(5/21)」「芒種(6/6)」「夏至(6/21)」 『処暑』8/23頃太陽黄経150° | わかればいいのに I wish I knew http://seethefun.net/%e6%96%87%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/5717/

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

立夏
りっか

二十四節気の一つ。立夏を迎えて夏の季節が始るとした。太陰太陽暦の四月節 (4月前半) のことで,太陽の黄経が 45°に達した日 (太陽暦の5月5日か6日) に始り小満 (太陽の黄経が 60°,5月 21日か 22日) の前日までの約 15日間であるが,現行暦ではこの期間の第1日目をさす。
引用元:立夏(りっか)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E7%AB%8B%E5%A4%8F-148929

日本文化いろは事典の解説
立夏

5月6日頃 立夏は夏が始まる日です。この時期は大地が草で覆われ木々が繁ってきます。 カレンダーには「夏が立つ」などと記載されてる場合もあります。これは、簡単に言うと「夏がきたよ」という意味です。立夏の頃(ちょうどGW〔ゴールデンウィーク〕頃ですね)は気持ちの良い風が吹き、晴天が続くので外に出ることが楽しみな時期でもあります。
引用元:立夏(りっか)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E7%AB%8B%E5%A4%8F-148929

仙台・青葉まつり(せんだい・あおばまつり)は、毎年5月の第3日曜日とその前日の2日間、宮城県仙台市で開催される祭である。伊達政宗没後350年にあたる1985年(昭和60年)に、過去に存在した祭りを復活する形で始まった。
引用元:仙台・青葉まつり – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%99%E5%8F%B0%E3%83%BB%E9%9D%92%E8%91%89%E3%81%BE%E3%81%A4%E3%82%8A

みどりの日(みどりのひ)は、日本の国民の祝日の一つである。日付は5月4日。1989年(平成元年)から2006年(平成18年)までは4月29日であった。国民の祝日に関する法律(祝日法、昭和23年7月20日法律第178号)第2条によれば、「自然にしたしむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ」ことを趣旨としている。ゴールデンウィークを構成する休日の一つである。
引用元:みどりの日 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%BF%E3%81%A9%E3%82%8A%E3%81%AE%E6%97%A5

こどもの日(こどものひ)とは、日本における国民の祝日の一つ。日付は5月5日である。端午の節句とも言われる。
祝日法2条によれば、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」ことが趣旨である。1948年に制定。ゴールデンウィークを構成する日の一つである。
引用元:こどもの日 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%93%E3%81%A9%E3%82%82%E3%81%AE%E6%97%A5

憲法記念日(けんぽうきねんび)は、憲法の制定(公布、施行など)を記念する日。祝日に指定されることが多い。
>憲法記念日(けんぽうきねんび)は、国民の祝日の一つ。日付は5月3日。国民の祝日に関する法律(祝日法、昭和23年7月20日法律第178号)では「日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する」ことを趣旨としている[1]。
引用元:憲法記念日 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%86%B2%E6%B3%95%E8%A8%98%E5%BF%B5%E6%97%A5

法律の原案作成から法律の公布まで
>法律は、法律の成立後、後議院の議長から内閣を経由して奏上された日から30日以内に公布されなければなりません。
法律の公布に当たっては、公布のための閣議決定を経た上、官報に掲載されることによって行われます。
(官報では、公布された法律について、一般の理解に資するため「法令のあらまし」が掲載されています。)
 
「公布」は、成立した法律を一般に周知させる目的で、国民が知ることのできる状態に置くことをいい、法律が現実に発効し、作用するためには、それが公布されることが必要です。
なお、法律の効力が一般的、現実的に発動し、作用することになることを「施行」といい、公布された法律がいつから施行されるかについては、通常、その法律の附則で定められています。
 
法律の公布に当たっては、その法律に法律番号が付けられ、主任の国務大臣の署名及び内閣総理大臣の連署がされます。
引用元:法律の原案作成から法律の公布まで / 内閣法制局 http://www.clb.go.jp/law/process.html

こいのぼり(鯉幟)とは元来、日本の風習で、江戸時代に武家で始まった、端午の節句である旧暦の5月5日までの梅雨の時期の雨の日に、男児の出世と健康を願って家庭の庭先で飾られた紙・布・不織布などに鯉の絵柄を描き、風をはらませてなびかせる吹流しを鯉の形に模して作ったのぼり。皐幟(さつきのぼり)、鯉の吹き流し[1]とも言う。現在はグレゴリオ暦(新暦)5月5日まで飾られ、夏の季語として用いられる。飾られる季節も変わり、イメージは「晩春の晴天の日の青空にたなびくもの」となった。 但し地方によりひと月遅れのグレゴリオ暦(新暦)6月5日までの地方もある(例 静岡県の西部地区他)。
引用元:こいのぼり – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%93%E3%81%84%E3%81%AE%E3%81%BC%E3%82%8A