「松岡圭祐」『催眠』『千里眼』『ミッキーマウスの憂鬱』の作家 催眠術師の経歴

084qjdpRuj
嵯峨敏也を主人公とした
「催眠」シリーズや、岬美由紀を
主人公とした「千里眼」シリーズ
で知られる作家は?
太祐井沢一
松介田岡圭
松岡圭祐(答)
まつおかけいすけ

bAtkVzL
松岡圭祐デビュー作にして最高傑作がついに完全版として生まれ変わる!
著者: 松岡圭祐
インチキ催眠術師の前に現れた、自分のことを宇宙人だと叫ぶ不気味な女。彼女が見せた異常な能力とは? 臨床心理士・嵯峨敏也が超常現象の裏を暴き、巨大な陰謀に迫る松岡ワールドの原点。待望の完全版!
引用元:株式会社KADOKAWAオフィシャルサイト|催眠 完全版 http://www.kadokawa.co.jp/product/200710000494/

松岡 圭祐(まつおか けいすけ、1968年12月3日 – )[1]は、日本の作家。『探偵の探偵』『万能鑑定士Q』『催眠』『千里眼』『ミッキーマウスの憂鬱』で知られる。愛知県出身[1]。
>1997年10月に、小説デビュー作『催眠』を発表。ミリオンセラーになったこの作品はシリーズ化されることになった。同シリーズは、カウンセラーとタレント催眠術師の対立から催眠現象の実体を浮き彫りにする内容で、これ以前の松岡圭祐の知見を小説の形で描いたものである(後述)。
1999年5月に、小説『千里眼』を発表。『催眠』と同様にシリーズ化され、累計628万部を超える人気作になった。元航空自衛官で臨床心理士の岬美由紀というヒロインが登場するシリーズで、北朝鮮の工作船や同時多発テロ・イラク戦争など、国際的時事問題を盛り込んで、それを松岡流の料理の仕方で見せるのが特徴である。
>『ミッキーマウスの憂鬱』は東京ディズニーランドのバックステージを描く架空の青春小説[4]で、2009年の新潮文庫の100冊に選出。同年8月末現在で15刷を数える。第31回NHK杯全国中学校放送コンテスト朗読部門課題作に選出された[5]。
>作家以前には催眠術師としてテレビ出演し知られた事がある。学術的に精緻な意味での催眠誘導法の他、欧米でポピュラーなショー用舞台催眠術[10]を学んでいた事で業界から声がかかる。
>同時期に上記活動の一環として催眠術に関係する俗学本をいくつか出版。しかしながら、これらの作品の中身は、扇情的な表題や帯のキャッチコピーとは差異があり「催眠誘導は人為的トランス状態への、言葉による誘導にすぎない」「意のままにはならない」「心理的技法にすぎない」という、比較的真面目で学術的な解説に貫かれており、幾つかの一般に判り易い例えや解説が後の小説『催眠』の記述に受け継がれている。
引用元:松岡圭祐 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E5%B2%A1%E5%9C%AD%E7%A5%90