コピーライター「谷山雅計(まさかず)」『セルシオか、それ以外か。』「片岡敏郎」工業デザイナー「深澤直人」「榮久庵憲司」「黒木靖夫」「喜多俊之」

035NdwYGcd
次の人物を職業ごとに
グループ分けしなさい

コピーライター工業デザイナー
谷山雅計
深澤直人
榮久庵憲司
黒木靖夫
喜多俊之
片岡敏郎

CIMG6199
日本のコピーライター
「セルシオか、それ以外か。」
「日テレ営業中」
「Yonda?」
谷山雅計(答)たにやままさかず
眞木準
魚住勉
糸井重里

谷山 雅計(たにやま まさかず、1961年8月25日[1] – )は、日本のコピーライター、クリエイティブディレクター。大阪府出身[2]。
>東京大学教養学部教養学科アメリカ科を卒業後、1984年博報堂入社。1997年同社退社・独立し、「有限会社谷山広告」設立。現在に至る。
>「人の間にKDD。」(国際電信電話(KDD)、現・KDDI)
「一度でいいから、飲んでくれ。」(三楽、現・メルシャン)
「消えたかに道楽」(JR東海)
「セルシオか、それ以外か。」(トヨタ自動車)
「Yonda?」(新潮社)
「日テレ営業中」(日本テレビ)
「Designers KDDI」(KDDI)
「ガス・パッ・チョ!」(東京ガス)
「苦い濃いより、甘い濃い。」(キリンビバレッジ・生茶)
「TSUBAKI」(資生堂)
「人生初はセレナ発」(日産自動車)
「ペケな気持ちも、ポンとふっとぶ。」(フジテレビ『ペケ×ポン』)
引用元:谷山雅計 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B0%B7%E5%B1%B1%E9%9B%85%E8%A8%88

深澤 直人(ふかさわ なおと、1956年 – )は、日本のプロダクトデザイナー。2014年より、多摩美術大学美術学部統合デザイン学科教授。
>KDDI/沖縄セルラー電話のau携帯電話 (au design project / iida)
「INFOBAR」(A5307ST) 2001年
引用元:深澤直人 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B7%B1%E6%BE%A4%E7%9B%B4%E4%BA%BA

榮久庵 憲司[1](えくあん けんじ、1929年9月11日 – 2015年2月8日)は、日本の工業デザイナー。静岡文化芸術大学名誉教授。
GKインダストリアルデザイン研究所所長、世界デザイン機構会長、静岡文化芸術大学デザイン学部学部長などを歴任した。
>1959年、黒川紀章、菊竹清訓ら若手建築家・都市計画家グループと「メタボリズム」を結成[17]、唯一の工業デザイナーとして参加[10]。
1961年、有名な「キッコーマンしょうゆ卓上びん」をデザイン[11][14][18]。この年大ヒットし、「しょうゆ=キッコーマン」というブランドを打ち立てるのにも大いに貢献。この商品は、発売開始以来一度もデザインを変えることなくロングセラーを記録[14][19]、国内外向けに約4億本生産された[3][8]。
引用元:榮久庵憲司 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A6%AE%E4%B9%85%E5%BA%B5%E6%86%B2%E5%8F%B8

黒木 靖夫(くろき やすお、1932年10月2日 – 2007年7月12日 )は、宮崎県西都市出身、日本の工業デザイナー。株式会社黒木靖夫事務所代表。ソニー株式会社元代表取締役。東京出版創業者黒木正憲は実兄。
>「SONY」のロゴマークをデザイン、同社の主力業務用モニターであった「プロフィール」プロジェクトリーダー、つくば万博にて「ジャンボトロン」担当。ソニーウォークマン開発プロジェクトのリーダーを務め、「Mr.ウォークマン」(ウォークマンの生みの親、もしくはウォークマンの父)と呼ばれていた[1][2]。その後、ウォークマン開発の功績を買われソニー取締役に就任する。
引用元:黒木靖夫 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E6%9C%A8%E9%9D%96%E5%A4%AB

喜多 俊之(きた としゆき、1942年 – )は、日本のプロダクトデザイナー。大阪市生まれ。
>1980年に発表した椅子「Wink」と1983年に発表したテーブル「Kick」がニューヨーク近代美術館に、1997年には開催されたセビリア万博日本館(1992年)で使用された「MULTI LINGUAL CHAIR」がパリのポンピドゥー・センター、ニューヨーク近代美術館のパーマネント・コレクション(永久保存)に選定された。
シャープのAQUOSを1stモデルから最新機種まで全て担当(国内モデル)し、世界中の美術館で永久保存に選定されている。国内の全てのAQUOSの背面には、必ずT.KITAのサインが入っている。
引用元:喜多俊之 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%96%9C%E5%A4%9A%E4%BF%8A%E4%B9%8B

片岡 敏郎(かたおか としろう、1882年 – 1945年)は、戦前に活躍したコピーライター(当時の呼び名で「アドライター」)である。静岡県出身。
>帰国後の1913年、日本電報通信社に入社するも、翌年には、その森永製菓に広告部長として招かれ、ヒット広告を次々と打ち出す。特に当時の横綱・太刀山の手形に「天下無双 森永ミルクキャラメル」と文字をあしらった広告は大評判となった。
1919年に壽屋(今のサントリー)の創業者・鳥井信治郎にその才能を買われて、広告部長として移籍。ここでも「オラガビール」や「サントリー白札」(今のサントリーホワイト)、日本初のヌードポスターと騒がれた「赤玉ポートワイン」、「スモカ歯磨」など多数の傑作広告を残している。
引用元:片岡敏郎 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%87%E5%B2%A1%E6%95%8F%E9%83%8E