『時間に忘れられた国』キャスパックシリーズ バローズのSF小説 タイラー技師が隔離島の太古世界へ

005jyFDZVv
恐竜と原始人が住む世界
造園技師ボウエン・タイラー
謎の島キャスパック
作者はE・ライス・バローズ
『エンダーのゲーム』
『時間に忘れられた国』(答)
『きみがぼくを見つけた日』
『航時軍団』

『時間に忘れられた国』(じかんにわすれられたくに、英: The Land That Time Forgot)は、エドガー・ライス・バローズによるアメリカのSF小説。全3部。太古世界シリーズ、キャスパック・シリーズというシリーズ名でも呼ばれる。
本項では、創元推理文庫版の表記に準ずる。
>本作は第一次世界大戦を背景に、絶海の孤島(架空の島)キャスパック(キャプローナ)を舞台にし、「前人未到の地に、過去の生物が生き延びている」という、いわゆる「ロスト・ワールドもの」に該当するSF冒険小説である(孤島であるのみならず、島の周囲は断崖絶壁で覆われており、一行は潜水艦U33(Uボート)で地下水脈を通過して島内に進入するしか方法がなかった)。
>第1部
1916年6月3日。第一次世界大戦の最中、アメリカの造船会社の御曹司であり、技師でもあるボウエン・タイラーは、乗船中の船を英仏海峡でドイツのUボート(U33)に撃沈された。救命ボートで脱出したボウエンは、フランス人の女性、リスを拾い上げた後、イギリスの船に救われるが、またしてもU33に襲われる。大胆な船長の機転により、イギリス船員とボウエンはU33を奪取するが、ユニオンジャック(英国旗)を掲げたUボートは信頼されず、同盟国の船舶から攻撃、あるいは忌避されてしまう。
針路を転じ、アメリカを目指す一行だったが、裏切りにより羅針盤が狂わされており、南大西洋にある絶海の孤島、キャスパック(キャプローナ)に辿り着く。そこはで恐竜や原始人が跋扈する未開の地、忘れられた場所だった。
引用元:時間に忘れられた国 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%99%82%E9%96%93%E3%81%AB%E5%BF%98%E3%82%8C%E3%82%89%E3%82%8C%E3%81%9F%E5%9B%BD

『エンダーのゲーム』(Ender’s Game)は、オースン・スコット・カードのSF小説。
>時は未来。人類は、異星人バガーの二度にわたる太陽系への侵攻を退けた。そして三度目の侵略に備えるため、地球の衛星軌道上にバトル・スクールと呼ばれる施設を設置し、「戦いを終わらせるもの」を養成することに決定した。
その頃、地球では人口抑制政策により、一家族で2子までしか子供をもうけられなくなっていたが、長男ピーターと長女ヴァレンタインの優秀さから、ウィッギン家には特別に3人目の出産が許された。その3人目こそ、運命の子アンドルー(エンダー)・ウィッギンだった。
天才的な才能を見込まれ、司令官の最有力候補としてわずか6歳でバトル・スクールに編入させられたエンダーは、世界中から集められた優秀な子供たちの中でも桁違いの成績を残し、成長していく。時を同じくして、ピーターとヴァレンタインもネットを利用して、地球上で勢力を広げていた。
引用元:エンダーのゲーム – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%81%AE%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0

『きみがぼくを見つけた日』(The Time Traveler’s Wife)は、オードリー・ニッフェネガー(英語版)著の小説である。
本作はオードリー・ニッフェネガーの小説デビュー作品である。作者在住のシカゴ地域を主な舞台に、自分の意思とは関係なくタイムトラベルしてしまうヘンリーと、その妻クレアの物語が、それぞれの視点から一人称の文体で交互に展開する。
引用元:きみがぼくを見つけた日 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8D%E3%81%BF%E3%81%8C%E3%81%BC%E3%81%8F%E3%82%92%E8%A6%8B%E3%81%A4%E3%81%91%E3%81%9F%E6%97%A5

『航時軍団』(こうじぐんだん、The Legion of Time)は、ジャック・ウィリアムスンが1938年に発表したSF小説。「アスタウンディング・サイエンス・フィクション」誌1938年5月号から8月号の3回に渡り連載された。連載時の触れ込みは“新しい概念の時間小説(ニュー・コンセプト・タイム・ストーリー)”。
パラレルワールドの概念を発展させ、時間旅行者の介在がなくとも歴史上の重要なポイントで時間軸が分岐し、世界が枝分かれして元の世界と平行した別の世界が生まれているという解釈を初めてメインプロットとして扱った作品(ただし、内容そのものはありがちで通俗的な冒険物である)。
本作から平行世界の分岐点を意味する「ジョンバール分岐点(en:Jonbar Hinge)」というSF用語が生まれた。
>ブライアン・W・オールディスが評論「ジョンバール裁判」で簡潔かつ明快に表現したところに拠れば、「二つの都市と二つの女に具現された、善と悪の戦いの物語」である。
二つの平行世界「ジョンバール(Jonbar)」と「ギロンチ(Gyronchi)」は、どちらかが消滅する定めだった。ギロンチの女王ソライニャは、ギロンチの存在を確定させるため、武装した航時船団で過去の歴史に介入する。
引用元:航時軍団 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%88%AA%E6%99%82%E8%BB%8D%E5%9B%A3