「小鉤」こはぜ 足袋にある爪形の留め具 「はぜ」板金を接続する際の折り曲げ部分

043TwjKyAN
足袋などについている
爪形の小さな留め具を何という?
小鉤
こはぜ(答)

HfvsPPu
引用元:ファイル:Jika-tabi.jpg – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Jika-tabi.jpg

小鉤(こはぜ)
布に縫い付けられた爪型の小さな留め具。鞐。
建築用語で、金属板を用いた屋根葺きにおける板留め部分。
始祖鳥の小羽枝に生じる小突起。
ここでは、1. について説明する。
>小鉤(こはぜ、英: clasp[1])は、布に縫い付けられた爪型の小さな留め具。国字で鞐とも表記される[2]。
足袋(地下足袋を含む)、手甲、脚絆などの衣服類においては、着用時に、もう一方の布にある掛け糸(受け糸)に引っ掛けて、固定する。その他、袋類や書物の帙にも用いられる。
引用元:小鉤 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E9%89%A4

デジタル大辞泉の解説
こ‐はぜ【小×鉤/×鞐】

1 足袋・手甲・脚絆(きゃはん)・袋物・書物の帙(ちつ)などの合わせ目につけた爪形(つめがた)の留め具。真鍮(しんちゅう)・角・象牙などで作る。
2 金属板で屋根を葺(ふ)くとき、合わせ目となる一端を少し折り曲げて板をとめる部分。
[補説]「鞐」は国字。
引用元:小鉤/鞐(コハゼ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E5%B0%8F%E9%89%A4-503701

鉤・鈎 (かぎ、こ、こう、はり、ち、はぜ) は、先が曲がった棒状の、もっぱら金属製の器具である。曲がった部分を何かに引っ掛けて使う。フック (英語: hook)。もっぱら「かぎ」と読むが、分野によっては他の読みをする。
>その他
釣り針。「はり」、または古語では「ち」と読む。
簾を巻き上げ、掛けて置くための道具。「こ」と読む。
はぜ。板金を接続するときに折り曲げる部分。「はぜ」と読み、馳とも書く。
引用元:鉤 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%89%A4