イースターの「ウサギ」 イースターの卵を運んでくる 「イースターバニー」

129LBQYFXD
アメリカでも祝われる
キリスト教の祭り・イースターの
象徴として、ぬいぐるみなどが
飾られる動物は?
ウサギ(答)
ネズミ
タヌキ
リス

イースター・バニー (英語:Easter Bunny、Easter Rabbit、Easter Hareとも) は、イースター・エッグを運んでくるウサギのキャラクターである。
西方教会(カトリック教会・聖公会・プロテスタント)における復活祭の風物詩となっている習慣であるが、東方教会(正教会・東方諸教会)では同様の習慣はない。
同じく復活祭の風物詩であるイースター・エッグは東方教会・西方教会を問わず極めて古い時期からの習慣であるが、イースター・バニーは西方教会のみにみられる習慣であり、16世紀から17世紀にかけて定着したものである[1](起源を15世紀、定着の始まりを19世紀とする者もいる[2])。
引用元:イースター・バニー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%8B%E3%83%BC

西方教会(せいほうきょうかい、英語: Western Christianity) は、西ヨーロッパに広がり成長したキリスト教諸教派(ローマ・カトリック教会、聖公会、プロテスタント、アナバプテストなど)の総称。ローマ・カトリック教会のみを指す場合もある[1]。東方教会の対語。
ただし、東方典礼カトリック教会は完全にローマ・カトリック教会の一員であるが、基本的に東方教会に分類される(まれに西方教会に分類されることもある)。
引用元:西方教会 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E6%96%B9%E6%95%99%E4%BC%9A

東方教会(とうほうきょうかい、英語: Eastern Christianity)は、中東・ギリシャ・アナトリア・東ヨーロッパに広がり成長したキリスト教諸教派(正教会、東方諸教会)の総称。正教会のみを指す場合もある[1][2]。西方教会の対語。
広義の東方教会には以下の諸教会が含まれる[3]。
正教会
ギリシャ正教・東方正教会とも呼ばれる[4]、第7回までの全地公会議を承認する教会[3]。コンスタンディヌーポリ総主教を名誉的なトップとし、グルジア正教会、ブルガリア正教会、ロシア正教会、セルビア正教会、ギリシャ正教会、ルーマニア正教会、日本正教会といった、諸々の独立正教会・自治正教会が連合体を形成している[5]。
引用元:東方教会 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E6%96%B9%E6%95%99%E4%BC%9A

でも、どうしてウサギがキリスト教の祭事であるイースターに卵を運んでくるのでしょうか?ベルリン市博物館で自然科学コレクションを担当する生物学者のベアーテ・ヴィッツェルさんは「その起源は中世にまで遡ります」と説明しています。当時は「緑の木曜日」が会計年度の締め日で、農家の人たちはこの日に地主への地代をたいてい現物支給の形で支払うことになっていました。「緑の木曜日」直前の断食の期間は農家の人たちは卵を食べることができなかったため、その間にたまった卵をゆで卵にして地代の支払いにあてました。農家の人たちはまた卵と一緒に自分たちの畑で狩をしたウサギも地主に収めました。
長年にわたって私たちの脳裏に定着している「卵とウサギの組み合わせ」はこうして生まれた訳ですと、ヴィッツェルさんは解説しています。
引用元:ドイツ大使館 ドイツ総領事館 – イースターのうさぎ http://www.japan.diplo.de/Vertretung/japan/ja/08-kultur-und-bildung/feste-traditionen/Ostern/osterhase.html