Google「ウォレット」携帯電話の電子決済サービス 現在は「Android Pay」へ移行

125IFXCWra
Google社が提供する、NTTドコモ
の「おサイフケータイ」に似た
電子決済サービスは「Google
◯◯◯◯◯」? ◯を答えなさい
ウォレット(答)
「Googleウォレット」

Google ウォレット(英語: Google Wallet)は、Googleによって提供される、電子決済サービス。デビットカード、クレジットカード、一部のポイントカードやギフトカードに対応している。決済時には、携帯電話に搭載されたNFCを利用して、迅速かつ安全な支払いが可能である[1]。
2015年5月28日にGoogleの新しい決済サービス「Android Pay」が発表された。
引用元:Google ウォレット – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/Google_%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88

米Googleは5月29日(現地時間)、モバイル決済サービス「Google Wallet」を送金サービスとして残すと発表した。Google WalletチームがGoogle+の投稿という形で説明した。

 Google Walletは、Googleが2011年にNFC利用のモバイル決済サービスとして発表したもの。2012年にはオンライン決済サービス「Google Checkout」と統合し、米国の4大カード(MasterCard、Visa、American Express、Discover)に対応させた。

 米国ではAndroidおよびiOSアプリもあるが、日本ではGoogle Playでの支払いなどで使われる程度でほとんど普及していない。
引用元:「Google Wallet」、「Android Pay」誕生後も送金サービスとして生き残り – ITmedia ニュース http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1506/01/news096.html

9月10日(米国時間)、これまでベータテストで一部のみに提供されていた「Android Pay」アプリの利用が一般ユーザーに開放された。これにより、Android 4.4 KitKat以上のシステムが動作する端末を持つユーザーは、誰でもAndroid Payアプリの利用が可能になった。

現在Android Payでは「クレジット/デビットカード」「ギフトカード」「ストアカード」の3種類が登録可能で、登録したカードにより店舗での支払いやポイント付与が行える。利用形態は主に2種類あり、1つはアプリやWebブラウザを介してオンライン店舗での決済に利用する方法、もう1つは店頭で非接触通信に対応した決済ターミナルに「タップ&ペイ」の方式で携帯端末を近付けて支払う方法だ。
引用元:Android Payが一般ユーザーでも利用可能に。日本での課題は対応端末と店舗の拡充(モバイル決済最前線 鈴木淳也) – Engadget Japanese http://japanese.engadget.com/2015/10/08/android-pay/

米Googleは現地時間2015年9月10日、モバイル決済サービス「Android Pay」を米国で開始すると発表した。数日間のうちに、「Google Play」で専用アプリケーションを公開する。

 Android Payは、Androidスマートフォンを使って店舗で商品購入などの支払いが行えるほか、ギフトカード、ポイントカード、割引特典なども保存できる。
引用元:ニュース – Google、「Apple Pay」対抗のモバイル決済「Android Pay」を米国で開始:ITpro http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/091102951/