セバスチャン・「モラン」大佐 モリアーティ教授の右腕

011GwClkGT
シャーロック・ホームズの宿敵
モリアーティ教授の腹心の部下は
セバスチャン・◯◯◯大佐?
◯を答えなさい
モラン(答)
「セバスチャン・モラン」
Sebastian Moran

セバスチャン・モラン(Sebastian Moran、モラン大佐)は、イギリスの小説家、アーサー・コナン・ドイルによる1903年の推理小説『空き家の冒険』(シャーロック・ホームズシリーズ『シャーロック・ホームズの帰還』に収録)に登場する架空の人物。
ジェームズ・モリアーティ教授の右腕として知られる。シャーロック・ホームズに「ロンドンで2番目に危険な男」と称された。
>1840年生まれ。オーガスタス・モラン卿の息子。イートンとオックスフォードで教育を受けた後、アフガンに従軍し、カーブルに駐屯。
退役後、ロンドンに戻る。モリアーティ教授に見出されて彼の部下となる。射撃の名手、猛獣狩りの名人、カードゲームの達人である。
ホームズの事件関連人物ファイルでは“ロンドンで二番目に危険な男”という評が記されている。
引用元:セバスチャン・モラン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%90%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%A2%E3%83%A9%E3%83%B3

我々の方を向いていたのは物凄く男性的だが、それにも関らず邪悪な顔だった。哲学者の額を持った上部と、好色家の顎を持った下部、この男は善であれ、悪であれ、生まれつき計り知れない可能性を持っていたに違いない。しかし、青い目と垂れた利己的な瞼、猛々しい攻撃的な鼻と威嚇するような深い皺が刻まれた額を見れば、そこに自然が与えた明白この上ない危険信号を感じずにはいられない。彼は他の誰にも注意を払わず、ただホームズの顔を憎悪とも驚愕とも言いがたい表情で睨みつけていた。「悪魔め!」彼はつぶやき続けた。「このずる賢い悪魔め!」
>「まだ君を紹介していなかったな」ホームズは言った。「皆さん、こちらがセバスチャン・モラン大佐です。かつて女王陛下のインド陸軍に所属し、東イギリス帝国が輩出した最も優秀な猛獣撃ちです。大佐、君がしとめた虎の数がまだ誰にも破られていないというのは、僕の記憶違いじゃないよな?」
引用元:空き家の冒険 Page. 6 http://www.221b.jp/h/empt-6.html