「スチュードベーカー」消滅した米自動車メーカー レイモンド・ローウィのデザイン「Studebaker Avanti」

303nYiLCaD
1852年に設立された現存しない
アメリカの自動車メーカーで
レイモンド・ローウィのデザイン
した車を製造していたのは?
ーベドースーュチカ
スチュードベーカー(答)
Studebaker

qvMvDLS
引用元:File:1963 Studebaker Avanti gold at Concord University.JPG – Wikipedia, the free encyclopedia https://en.wikipedia.org/wiki/File:1963_Studebaker_Avanti_gold_at_Concord_University.JPG

スチュードベーカー(英語:Studebaker)はアメリカ合衆国の車両メーカー(1852年創業、1967年終了)。馬車では全米一位のメーカーだった。1897年から1966年まで自動車も生産した。現在は大手自動車部品メーカー・フェデラルモーグル(Federal-Mogul)の一部門。インディアナ州サウスベンドに1964年まで本社を置いた。
1928年には ピアスアロー、1954年には パッカードと、2つの名門高級車メーカーと合併した。著名な工業デザイナー・ レイモンド・ローウィのデザインした乗用車を長年にわたって製造した。ビッグスリーとの競争に勝てず、1966年モデルを最後に自社製自動車製造から撤退した。企業としてはしばらく存続したが、1979年、合併により社名も消滅した。
>戦後すぐに乗用車生産に復帰、1947年にはいち早く レイモンド・ローウィデザインのフルワイズボディ新型モデルを発表した。「どちらに向かって走っているのかわからない」(Coming? or going?)などとも評されたが、ビッグスリーの生産復興の遅れで戦後自動車市場は供給不足であったため、スチュードベーカー車は圧倒的な人気を集め、大きく業績を伸ばした。最初のフルモデルチェンジとなった1953年モデルもローウィのデザインで進歩的なスタイルを誇り、2年後にデビューするシトロエン・DSのデザインを先取りしていた。
引用元:スチュードベーカー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC

レイモンド・ローウィ(Raymond Loewy 、1893年11月5日 – 1986年7月14日)は、フランス、パリ出身のデザイナー、フランス軍大尉。主にアメリカ合衆国で活動し、インダストリアルデザインの草分けとして知られる。「口紅から機関車まで」と言われるように様々な分野で活躍した。フランス語読みではレーモン・レヴィ。
>1929年、ジグムント・ゲシュテットナー社の複写機のデザインを手がけ、これが評判になり大きく売り上げを伸ばした。それまでの複写機はむき出しの機械であったが、カバーを取り付け機能的な外観デザインにまとめたことで、工業製品におけるインダストリアル・デザインの重要性が注目を集めた。
1934年、ペンシルバニア鉄道の電気機関車GG1を風洞実験の結果、かろやかな流線型にリ・デザインする。この流線型デザインは力学的な形態の倫理により発見、設計され、以後、自動車など速度を要求される対象に採用される時代が始まった。
引用元:レイモンド・ローウィ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%A6%E3%82%A3

スチュードベーカー・アヴァンティはスチュードベーカー・コーポレーションが1963年モデルイヤーから生産・販売したスポーツクーペである。FRP製ボディを特色とし、デザインは著名な工業デザイナーの レイモンド・ローウィが担当した。 スチュードベーカー最後の新型車で美しいスタイルと高い動力性能で注目を集めた。
引用元:スチュードベーカー・アヴァンティ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3