『さるかに合戦』猿を成敗するもの 囲炉裏「栗」 土間「牛糞」 水桶「蜂」 屋根「臼」

522SOhLaDrOMcCIMG1635RKsOWoOIAJwK
252HuJvxoBRnz
次のうち
昔話『さるかに合戦』で
蟹に助成して猿を懲らしめる
ものを全て選びなさい
(画像選択肢)
○うんち(牛糞)の画像
○臼の画像
○蜂の画像
○栗の画像

×柿の画像
×おにぎりの画像

>さるかに合戦(さるかにがっせん)は、日本の民話の一つ。
ずる賢い猿が蟹を騙して殺害し、殺された蟹の子供達に仕返しされるという話。「因果応報」が主題。
>蟹がおにぎりを持って歩いていると、ずる賢い猿がそこらで拾った柿の種と交換しようと言ってきた。
>その子供の蟹達は親の敵を討とうと栗と臼と蜂と牛糞と共に猿を家に呼び寄せた。
栗は囲炉裏の中に隠れ、蜂は水桶の中に隠れ、牛糞は土間に隠れ、臼は屋根に隠れた。
そして猿が家に戻って来て囲炉裏で身体を暖めようとすると栗が体当たりをして猿は火傷をおい、急いで水で冷やそうとしたら蜂に刺され、吃驚して家から逃げようとしたら牛糞に滑り、屋根から臼が落ちてきて猿は潰れて死に見事子供の蟹達は親の敵を討てた。
引用元: さるかに合戦 – Wikipedia