スターバックスのサイズ順「ショート」「トール」「グランデ」「ベンティ」

102jSAhRmn
次のスターバックスの
ドリンクのサイズを
容量が小さい順に選びなさい
ショート 240ml
トール 350ml
グランデ 470ml
ベンティ 590ml

fQdXitV
引用元:How to オーダー|スターバックス コーヒー ジャパン http://www.starbucks.co.jp/howto/store/order.html

ショート(Short)とトール(Tall)は英語で
グランデ(Grande)とベンティ(Venti)とトレンタ(Trenta)はイタリア語です。

ではなぜ、サイズ名に英語とイタリア語が混在しているかというと、

スタバのCEO(最高経営責任者)ハワード・シュルツ氏が
イタリア流の飲み方に大きく影響を受けたからなんだとか。

>スタバのコーヒーのそれぞれのサイズの量は次の通り。

・ショート(Short)240ml   …Sサイズ(一番小さいサイズ)
・トール(Tall)350ml    …Mサイズ
・グランデ(Grande)470ml  …Lサイズ
・ベンティ(Venti)590ml  …LLサイズ
・トレンタ(Trenta)約910ml …現在はアメリカのみ
引用元:スタバのサイズ 読み方・量は?その呼び方は何語? http://itsutoha.com/637.html

スターバックス(英: Starbucks Corporation、NASDAQ: SBUX)は、1971年にアメリカ合衆国ワシントン州シアトルで開業した、世界規模で展開するコーヒーのチェーン店である[1]。1986年に、エスプレッソをメイン商品としてテイクアウトと歩き飲みが可能なスタイル(シアトルスタイル)でのドリンク販売を始め、後に北米地区全土に広がったシアトルスタイルカフェ・ブームの火付け役となった。
2014年現在、およそ60の国と地域で営業展開をし、店舗数は18,000以上に亘る[1]。
>店名の由来は、第一候補ハーマン・メルビルの小説『白鯨』に登場する船Pequod(ピークォド号)の名を退け、同作の一等航海士スターバック (Starbuck) とシアトル近くのレーニア山にあったスターボ (Starbo) 採掘場から[2][3]。日本ではスタバとも略称される[4]。
引用元:スターバックス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9