「水平対向」エンジン スバル車に搭載 シリンダーを左右水平に配置するエンジン

019FyTYrIR
スバル・インプレッサなどが搭載
している、シリンダーとピストン
を交互に向き合うように配置した
エンジンは◯◯◯◯エンジン?
直斜線辺平
向水角対上
水平対向(答)
「水平対向エンジン」

hgFjnvE
引用元:ファイル:Box.gif – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Box.gif

水平対向エンジン(すいへいたいこうエンジン、Horizontally-opposed cylinder engine)とは、レシプロエンジンの形式の一つで、1本のクランクシャフトをはさんでシリンダーを左右に水平に配置し、対になるピストン同士が必ず向かい合うように下降か上昇するエンジンである[1]。
気筒配置や外形の似たエンジンとして180°V型エンジンがあり(詳細は後述)、広義にはこれを水平対向エンジンに含む場合がある。なお外観からこれら2形式を識別することは、極めて困難である。
以下本項では、「水平対向エンジン」と「180°V型エンジン」とを区別して呼び、これらの総称としては「フラットエンジン(Flat engine)」と呼ぶ。
>搭載車種[編集]
2014年時点で水平対向エンジンを搭載した4輪車を生産している企業は、日本の富士重工業(トヨタ自動車との共同開発車生産を含む)およびドイツのポルシェのみであり、両社は市販4輪車用の水平対向エンジンを長年にわたり生産し続けている。またスバル・サンバーの生産終了以降、富士重工業は水平対向エンジン搭載車種のみを生産している。
引用元:水平対向エンジン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E5%B9%B3%E5%AF%BE%E5%90%91%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%B3