学校給食の起源は明治22年 山形県私立忠愛小学校にて昼食を提供

221wkDmuoz
学校給食の制度は
戦後になってから始まった
✕(答)

学校給食の歴史
明治22年
山形県鶴岡町の私立忠愛小学校で貧困児童を対象に無料で学校給食を実施する。これが我が国の学校給食の起源とされる。
引用元:学校給食の歴史|学校給食について|全国学校給食会連合会 http://www.zenkyuren.jp/lunch/

明治22年(1889年)、山形県鶴岡町(現鶴岡市)の私立忠愛小学校だといわれています。家が貧しくて、お弁当を持ってこられない子供がたくさんいたので、この小学校を建てたお坊さんが、おにぎり・焼き魚・漬け物といった昼食を出していました。みんな、大喜びで食べたそうです。
学校給食の歴史

日本の学校給食(にほんのがっこうきゅうしょく)とは、日本において学校(小学校、中学校など)で一定の特定多数人のために専門の施設を用いて組織的・継続的に提供される給食。日本において単に「給食」といえば、この学校給食のことを指す場合が多い。
>法令上の定義[編集]
学校給食法
学校給食法にいう「学校給食」とは、義務教育諸学校(学校教育法に規定する小学校、中学校、中等教育学校前期課程、特別支援学校の小学部・中学部)において、その児童又は生徒に対し実施される給食をいう(学校給食法第3条第1項・第2項)。
>日本の学校給食の起源は1889年山形の私立忠愛小学校で無料で食事を配ったのがルーツとされる[1]。当初はおにぎりと漬物だけという簡素なものであった(当時の日本では当たり前の昼食でもある)[2]。その後、各地で一部の子供に対して、つまり欠食児童対策としてパンなどが一部の学校で配られるようになっていった[3]。1930年代に入ると学校給食臨時施設法が制定され、一部とはいえ学校給食が実施されるようになったが、1940年代に入ると食糧事情悪化の為に中断された[4]。
引用元:日本の学校給食 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E5%AD%A6%E6%A0%A1%E7%B5%A6%E9%A3%9F