「京菜」水菜 京都で作られていたことから

20150912103147616
昔から京都で作られていたため
別名を「京菜」という野菜は
水菜である
◯(答)

ミズナ(水菜、学名:Brassica rapa var. laciniifolia)は、アブラナ科の越年草。学名が示す通り、植物学的には、アブラナやカブなどと同種である。また、同種同変種にミブナがある。カラシナの一種として説明されることもある。別名で、キョウナ(京菜)[1][2]、ヒイラギナ[3](柊菜)、センスジナ(千筋菜)[1][2]、センボンナ(千本菜)[2]、センスジキョウナ(千筋京菜)[2]、イトナ(糸菜)[1]などがある。またキョウナを標準和名として用いている図鑑も多い[† 1]。
>『雍州府志』(貞享3年、1686年)に「水菜」として記載されていて、すでに京都西南部の東寺・九条付近で栽培されていた[1]。人糞尿などを使用せず、流水(清流)を畦間に引き入れて栽培するため「水菜」の名がある[1][2]。
引用元:ミズナ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%82%BA%E3%83%8A

TzReeTn
水菜の話
江戸時代の文献にも登場する、伝統ある京野菜。水と土だけで作られていたことから、「水菜」と呼ばれるようになりました。霜に当たると柔らかくなる冬場が旬の緑黄色野菜です。京野菜を代表する青菜であることから、関東では「京菜」とも呼ばれています。もともとは鍋や漬物に使われていましたが、特有の香りと辛みが肉や魚の臭みをカバーしてくれるので、最近では和食のみならず、イタリアンやエスニック料理などにも広く利用されています。
引用元:水菜|もっと野菜を。もっと食卓に。|キユーピー http://www.kewpie.co.jp/yasai/search/mizuna.html